つみき通信

このブログは、つみきの会の各支部リーダーを始め、理事、事務局スタッフなど、つみきの会の活動を支えるスタッフたちからのお便りをお届けするものです。ぜひ、時々お立ち寄りください。

2018年6月10日広島定例会開催報告

6月10日広島定例会のご報告

会員の皆様

広島支部スタッフの山下です。
6/10(日)に広島定例会が開催されましたのでご報告致します。

【個別指導(3組)】
1組目:物の表出的命名
 ⇒ 音声指示の数が増えてから、鳴き声や擬音を使うと習得し易い。 など

2組目:物の名前当てクイズ
⇒空想や興奮でセラピーに集中できない場合は、張り紙などで本人に気づかせる。 など
3組目:3音節の抑揚
⇒ 難しい場合は単音で高低の模倣から。大人は極端に発音。 など

【集団プログラム】
・動作模倣
・手遊び歌:あたまかたひざぽん等
・歌に合わせて歩き、タンバリンや笛の音で座ったり逆方向に歩く
・りんご、バナナなどの果物へのタッチ
・遅延模倣
・名前を呼ばれたら返事をしてタンバリンをたたく

【講演『W30プロジェクト実施報告』講演者:藤坂代表】

2017年度NOTIAセラピスト+ご両親で1年間のABAによる早期集中介入を実施。情報交換型会話をこなす等、高機能に至るまでのセラピーでの注意点や気づきについて、大変貴重で具体的なお話を聞くことができました。特記事項を少しだけ列記します。

・つみきプログラムにとらわれず、月2回のミーティングでお子さんの様子を見ながら都度プログラムを考えていった。(次ミーティング間で最大26種類の課題を設定)

・復習課題はステージ制でシステム化。①(1回/1週間)⇒②(1回/2週間)⇒③(1回/1カ月)

・長時間(3hr)のセラピー時は30分程外遊びを入れた。

・「すわって」と「目合わせ」は1年間続けた(現在も)。

・ランダムローテーションが苦手で、教材を見せてタッチさせるだけのNon Contingent
Teaching(NCT)という手法が有効なケースがあった。

次回の定例会は12/2(日)となりますので、今回参加された方も参加できなかった方も奮ってご参加頂ければと存じます。


広島支部スタッフ 山下
スポンサーサイト

卒業メッセージ(たんぽぽ)

昨年、卒業メッセージを寄せて下さったたんぽぽさんが、今度は本当に退会されることになりましたので、改めて寄稿をお願いしたところ、快く引き受けてくださいました。以下、たんぽぽさんからのメッセージです。

***

入会当時、幼稚園児だった娘も、4月から小学3年生になります。
藤坂会長やNOTIAのセラピストの皆様に助けていただいたおかげで、娘は今も元気に普通級で過ごしております。
週に1回通級に通っていますが、学力的には年齢相応、大きな問題はほとんど起こさず、何より本人が楽しく学校に通えています。
入会当時は、とてもここまで平和な学校生活が送れるような子に育ってくれるとは思えませんでした。

3歳頃の娘は、大きな癇癪やエコラリア、こだわり行動に睡眠障害と、自閉症スペクトラムのいろいろな特性を示していました。
娘の将来が見えず、毎日真っ暗な気持ちで泣き暮らしていました。
あのまま、早期療育という言葉やつみきの会に出会わなければ、どうなっていたことかと思います。
セラピストさんには、幸運なことに週2回来ていただけました。
親である私も「せめて小学校入学前までは出来ることは全てやろう。やらなくて後悔するよりは、やるだけやってから後悔しよう」と、覚悟を決めました。

しかし、並行して幼稚園や児童発達支援の教室にも通っていましたが、送迎が私には結構な負担となっていました。
道を歩く途中で、娘は突然癇癪を起こし、地面に倒れ伏し泣きわめきます。
落ち着くまで30分近くかかるのはよくあることでした。
心配したお店の方や駅員さんに声をかけられ、いたたまれない思いもしました。
そんな日は、冷静にセラピーをする気力が湧かず、娘も疲れていてコンディションが悪く、なかなか思うようにセラピーを進めることができませんでした。

そんな私の心の支えが、自宅に訪問してくださるNOTIAのセラピストさんでした。
どんな天気の日にも変わらぬ笑顔で来て、真剣に娘のために戦って下さいました。
メリハリがあるのに、にこやかに楽しく、娘にわかりやすいセラピーを、辛抱強く続けて下さいました。
私も、つみきBOOKをしっかり読んでセラピーをしているつもりなのですが、我が子のことだけに、どうしても感情的に抑えられなくなって、スパルタ教師のような指導をしそうになってしまったりしていました。
でも、セラピーというのはそうではないのだ、ということが、実際のセラピストさんのセラピーを見て理解することができました。
プロの子供への対応を目の前で見る、というのは、とてもありがたい体験でした。
今でも、娘に接するときの対応は、この時の経験が大切な基礎となっています。
今まさに小さいお子さんのセラピーに挑戦している皆さまには、是非、定例会などで実際の指導に触れる機会を持っていただきたいなと思います。

小学校入学前には、ひらがな・数字の読み書き、初歩の計算までギリギリたどり着きました。
学校仕様の机や椅子、引き出しなどを事前に買って、家庭でも使ってみました。
ミニ黒板を買って、板書の練習もしてみました。
入学前に学校に訪問し、下駄箱の位置や教室を見せていただきました。
担任の先生宛てに、我が子の取扱説明書のようなものを書いてお渡ししました。
知らないことに対して不安の強い娘のために、色々事前に準備をしたのですが、会話力やコミュニケーションがおぼつかないため、心配ばかりの小学校入学でした。

入学後、学校側の配慮もあり、娘の生活は予想よりも順調に進みました。
求めた主な配慮は、席を一番前にすることと、小まめな声かけです。
娘の学校は、低学年のうちは登下校を集団でするのですが、不注意のある娘を小学生だけの集団に任せるのは危険と思えました。
なので、登下校に親が1年間付き添いを続けました。
2年生になってからは、下校時のみ家の近くまで迎えに行っています。
安全のためにというよりは、今は、下校時の様子で子供達の人間関係を見守るためです。
会話やコミュニケーションに難がある娘ですが、今のところいじめの兆候はなく、すごく親しい友達はいませんが、それなりに学校では遊んでくれるお友達がいるようです。

勉強は、チャレンジタッチやくもんで学校のことを補っています。
くもんにも特性をお話しして、課題の枚数は通常の半分でお願いしています。
漢字が一時期苦手でしたが、書き順を唱えて覚える学習法に変えてから、よくなって来ました。
指先の不器用さから、定規で線が綺麗に引けませんでしたが、今ではピタットルーラーという、滑り止め付きの定規を使って解決しています。
普通級でほぼ問題なく過ごしている娘ですが、体育はずば抜けて苦手なため、この部分は通級で補っていただいています。
その甲斐あって、跳び箱も何とか最低ラインはとべるようになりました。
学力は年齢並みですが、普段の様子を見ていると、娘の精神年齢というかコミュニケーション能力は、幼稚園児並みだと感じます。
けれど、素直で明るい性格な子に成長しました。
親子でふざけて笑い合ったり、1人の時間は一生懸命絵を描いたり工作をして楽しんでいる娘を、3歳の頃には想像できませんでした。

まだまだ娘の人生では、色々困ることが起きてくると思いますが、教えていただいたことを心の支えにして親子でがんばっていくつもりです。
藤坂会長やNOTIAの皆様の励ましや指導がなければ、ここまでたどり着くことはとてもできなかと思っております。
大変感謝しております。
どうもありがとうございました。
これからも、つみきの会の益々のご発展と皆様のご健勝をお祈りいたしております。

3/4 新潟定例会のご報告

3月4日(日)に新潟定例会が開催されましたので、ご報告します。
今回は7組、大人と子ども合わせて17人の方に参加していただきました。

【個別指導】
1組目 声の大小
←(指示を大きい声で出すと驚く場合)リラックスさせながら優しい声で導いてあげると良い

2組目 縄跳び
←(腕の回し方が大振りになる)動作模倣で腕の回し方を真似させる、脇に何かをはさみながら縄を回す等、色々試すと良い

3組目 大きい・小さいの弁別
←子供が飽きてそうな時は1回1回必ず強化をする。

4組目 これ・あれ・それ
←「それ」が難しいのでしっかりプロンプトする。上手になったら、それぞれの位置を入れ替えて行う。

5組目 口形模倣
←指示の言葉はなるべく少なくする。

6組目 数字を書く
←2や3の練習にあたって、まずは曲線を描く練習をする。

【集団プログラム】
動作模倣、手遊び歌、藤坂代表の視線の方向に注目し絵にタッチする、トンネルくぐり等を行いました。

【講義「たし算とひき算」】
2人のお子さんにデモをしてもらい、大変具体的に教え方を学ぶことができました。
・将来文章題に取り組むことを考えて、式を教える前に、まずはことばで簡単な文章題を出して数を加えたり、除いたりすることに慣れさせると良い。
・指を使ってたし算、引き算をする場合、6以上の数はグーで表す。
・引き算もできるようになったら、足し算と引き算の弁別を行う。

次回は7月1日(日)の予定です。
沢山の方のご参加をお待ちしております。

3/11東京定例会報告

3月11日(日)に東京定例会を開催しました。
今回は43家族61名の参加でした。
今回も群馬や静岡といった遠方からもお越し頂きました。

「個別指導」(3組)
1組目:3歳の男の子
音声模倣を嫌がってしまったり、強化子を取り上げると怒ってしまう。
・1音はしっかり言えている音が多い。
・1音でしっかり言えていない音を2音でいう時は少し間隔をあけて言い、徐々に間隔を詰めていくとよい。その2音に意味があるかないかは関係ない。

2組目:2歳8か月の男の子。
音声指示と動作模倣。
・子音があまり出ていない。動作に子音を織り交ぜると良い。(ブブブなど)
・子音を出すには舌を使うか、唇を使うしかない。

3組目:3歳2ヶ月の男の子。
マッチング。3D2Dマッチングが難しい。
・2Dは実際の教材を写真に撮って実物大で印刷するべき。マッチングするときはニュートラルにやる。無意識にプロンプトしている時があるので注意する。
・強化子は飽きないように。

個別指導は文章で表現することは難しく、実際に見て代表の話を聞かないとよく分からないので体験をおススメします。

「集団プログラム」
今回もボランティアさんにお手伝いいただき、歌やダンス、トンネルくぐり、あれは何だ~ごっこもしました。
そのあと一人ずつ名前を呼ばれて、みんなが大きな声で返事できていました。

「Shizuさんの講演」
~発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉かけ~

Shizuさん自身、ダメな親でイライラして子供を叱りつける、という事をやってしまっていたそうです。
こうなると子供もママを困らせるダメな子、という自己否定をしてしまい、できるものもできなくなってしまいます。
そんなある時、叔父が遊びに来て子供と遊んでくれて、笑いが起きていた。
その様子を見て笑いの大切さに気が付いた。

幸せに暮らしていける、大丈夫!という自己暗示を大事にしています。
根拠のない自信ですが前向きに考えるようにしましょう。

口角をあげる事も大事。口角をあげると・・・
・マイナスの事を考えにくくなる。
・怒りにくくなる。
・その場の雰囲気をよくする。

子どもが間違えても間違えなくても子どもの事が好き、と伝える事。
子どもの前でディスってはダメ!
命令語や否定語はなるべく使わない。
指示待ち人間にならないように、ある時期になったら指示を控え、自分で気が付くように声かけを変えましょう。

自分らしく生きるコツは~~
①自分接待をする
②今ある幸せに気付く
③小さなことでも自分をほめる
④自分軸で生きる(~するべき、~であるべきに縛られない)
⑤不安、心配、自己否定、罪悪感 も否定せず、うまく付き合う

予期不安は起きるかどうかわからない事、考えても無駄。
でもそういう自分は認めてあげる、マイナスの気持ちも受け止めてあげる。

変わるのはまず自分!子供が見たいのは親の笑顔!
なんか知らんけど○○(子供の名前)は将来幸せに暮らしていける子、大丈夫!

というお話をいただきました。親自身が毒キノコになってマイナスオーラをふりまかない、根拠はなくても前向きに、変わるべきはまず自分、というお話が大変胸に響きました。お話を聞いてこれからの子供との接し方もよりよく変われそうな気がしてきました。
Shizuさん、本当にありがとうございました。

次回は7月ごろ開催予定です。
よろしくお願い致します。



自閉症治療を医療保険の対象とする動き、全米に広がる

近年、ABA(応用行動分析)を含む自閉症治療の費用を民間医療保険会社に負担させるよう義務付ける州法を制定する動きが全米に広がっています。

全米州立法府会議(NCST)のまとめでは、2017年6月現在、46の州(ワシントンDCを含む)でこのような法律が制定されているそうです。
http://www.ncsl.org/research/health/autism-and-insurance-coverage-state-laws.aspx

もっとも、全米一の自閉症啓発団体であるAutism Speaksによると45州となっています。これは言語療法、理学療法のみをカバーするテネシー州を計算に入れるか否かにかかっているのかもしれません。
https://www.autismspeaks.org/advocacy/insurance

医療保険でカバーされる治療としてABAが明記されている割合を調べたところ、テネシー州を入れた46州のうち、2州(テネシー、インディアナ)を除く44州が、ABAないし行動療法を保険給付対象として明記していました。ABAが単独で給付対象となっている例はほとんどなく、大部分は、薬物療法、精神医学・心理的ケア、ST、OTなどと併記されています。
(上記NCSTによるダイジェストで確認できなかった州は、Autism Speaks Adovocasy Newsで、さらに確認できない場合は直接州法の原文にあたりました)

もっとも明確にABAを排除しているのはテネシー州だけで、インディアナ州は法律では明示していないものの、州保健省は適切な治療としてABAを勧めているとのことです。(Indiana Resource Center for Autismのサイトによる)

また多くの州法が、特にABAに限定して、年間の給付額の上限を定めています。これはABAがほかの療法に比べてけた違いに高価だからでしょう。上限は年齢によって違いますが、だいたい年間25000ドル~50000ドルという例が多いです。

代表的な例として、コネチカット州法(2009年)(Conn. Gen. Stat. § 38a-514b)を紹介します。

この州法は州内のすべての集団加入医療保険に対して、自閉症スペクトラム障害の診断と治療を保険でカバーするように義務付けています。カバーされるべき治療は、行動療法、薬物療法、精神医学的サービス、心理学的サービス(サイコロジストによるコンサルティングなど)、理学療法、言語療法、作業療法、となっています。

また行動療法への給付額は、9歳未満で年間5万ドル、9歳以上13歳未満が3万5000ドル、13歳以上15歳未満が2万5000ドルとなっています。

藤坂





HomeNext ≫

プロフィール

つみき通信

Author:つみき通信
NPO法人つみきの会は自閉症、広汎性発達障害という障害をもった子どもたちに、ABA早期家庭集中療育(ABAホームセラピー)を施す親とそれを支援する療育関係者の集まりです。
ABA療育に関心のある方なら、どなたでも参加頂けます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR