つみき通信

このブログは、つみきの会の各支部リーダーを始め、理事、事務局スタッフなど、つみきの会の活動を支えるスタッフたちからのお便りをお届けするものです。ぜひ、時々お立ち寄りください。

1/29東京定例会報告

1月29日(日)東京定例会を開催しました。

今回は浅間ペンギンさんをお招きしての定例会となり、いつものプログラムとはちょっと変わって初めに個別指導(3家族)、その後集団プログラムを行って、浅間ペンギンさんからご講演をいただきました。

個別指導
3家族が藤坂代表の指導を受けました。
1組目、4歳の女の子。動作模倣について。
・強化子をあげるタイミングを考える事。強化子を求められても反応してはいけない。
取り上げたら駄々をこねた場合も反応しない。
親が求める反応を子どもが示したら強化子を上げるようにすること。
その他、物の名前を覚えさせるには、擬音語から始めるとよい(コップゴクゴク、タオルふきふきなど)
セラピーは強化と消去、適切に消去すること、との御指導がありました。

2組目、4歳女の子。「はーい」と手を上げられるようにしたい。
・握手はできているのでそこから手を上げるように誘導するとよい。握手は嫌いではないので嫌いでないことを利用するように。
・強化は素早くすることで効果が大きくなる。

3組目、男の子。ついたてを立てて向こうのものが見えるか見えないか。
・最初は見える、という事がわかっていなかった。
1つずつ物の名前を言わせてからついたての向こうに隠すように指導されると分かるようになった。
・最初は隠したものを覗かせてもよいから分かるようにする。

集団プログラム
みんなで一緒に手をたたいて踊ったり、結んで開いて、大きな栗の木の下で、などを歌って踊りました。
トンネルくぐりをした後、広がって輪になってもらい、一人ずつお名前を聞いていきました。

浅間ペンギンさん講演
「我が子との10年の歩みを振り返って」と題して講演をいただきました。
浅間ペンギンさんのお子さんは11歳。5歳からABAをはじめ、7年間になるそうです。

自閉症と診断されてから、針灸、般若心経の写経、奇跡の聖水ルルドの泉、宗教への入信などを検討されたという浅間ペンギンさん。
ABAに出会って2ヶ月で我が子の顔つきが変わり、指示が入るようになり、1年後には全く別人になったそうです。
感覚過敏や偏食、爪かみ、睡眠障害といった自閉症の特徴的な行為に関しても大幅な改善が見られました。

就学猶予を認めてもらうステップについても教えていただき、またそのメリットとして1年生の教科書はもらえるため、半年以上予習ができること、教育に専念できること、を上げられる一方、デメリットとして、小学校に通う以上の素晴らしい成長を促せるか、私立の学校は就学猶予していると受験資格がなくなる、などを挙げておられました。

浅間ペンギンさんは、シャドーとして付き添うことを選択しました。
理由としては、受容型療育施設では悪いことを悪いと言わないため、癇癪を起こすと教育がなされないため、不適切なアプローチが行われるため、と言っておられました。

その他、印象的だったのは発語がなくても読みを教えてあげること、聞こえていることが私たちとは一緒とは限らず、メロンのことをメヨンと言っていたがメロンと書いてあげたら読みも直ったというエピソードをお聞かせいただきました。

ほんわかとして優しそうな雰囲気の浅間ペンギンさん。
我が子の学習に使っていたドリルを回覧してくださいましたが、年が上がるとどんどん字が上手になっていっているのがとても印象的でした。
浅間ペンギンさん、どうもありがとうございました。

次回は6月18日(日)に開催の予定です。
スポンサーサイト

1月7日㈯「NPO法人つみきの会・繭合同 埼玉定例会」報告

会員の皆様

埼玉スタッフの山口です。1月7日㈯「NPO法人つみきの会・繭(まゆ)合同 埼玉定例会」が行われましたので、報告いたします。
遠方よりお越しいただいた藤坂代表、ご協力いただいた繭の皆様、スタッフ、託児ボランティアさん、有難うございました。
今回は、一月初旬ということもあり、23名と非常に少ない定例会となりましたが、いつもより時間に余裕があり、ゆったりとした会になりました。

●個別指導 2組

1)勝ち負けの理解 「いちにのさん」でお菓子の入れ物に手を伸ばし、勝った人がお菓子を食べられるという課題。

セラピストが「誰が勝った?」「誰が負けた?」「誰が食べる?」と質問し、子どもが答える。

お子さんは答えることが出来ており、勝ち負けの理解も進んでいる様子だったが、

代表より、質問の順番が同じなので、「誰が負けた?」「誰がかった?」「誰が負けた?」「誰が食べる?」のようにして、

ランダムローテーションで質問したほうが良いとご指導される。

また、勝ち負けは、本当にゲームをするのではなく、セラピストが必ず主導権を握り、子どもが勝ってばかりいるような

状態にはしない事。

2)「うん・違う」という言い方を「うん・ううん」などの自然な言い方にしたいという相談。

セラピストが、「これパトカー?」と聞き、「違う」「消防車?」「うん」 「消防車は動物?」「違う」 「くるま?」「うん」という会話。

代表より、課題自体は理解しているようだし、「違う」というときに、首も降って答えているので、習得しつつある課題なので、

現段階で別の言い方を教える必要はないのでは?とのこと。

それよりも、「座って」の指示に従えないことや、思い通りにならない時のかんしゃくの対応をとることの方が課題だと、ご指導される。

●集団プログラム 「あいさつサーキット」など。

ボランティアさんなどにご協力いただき、円形になり、タッチ→バイバイ→ロープウェイ(お父さん方が子供の手をとって、椅子から椅子へジャンプ)

→握手→「こうして?」の動作模倣→トンネルくぐり。

子供たちは、とても喜んで参加しておりました。

●藤坂代表の講義「問題行動の対処法」

<行動の基本原理> ①正の強化②負の強化③消去④積極的罰⑤消極的罰など。

<癇癪の強化原因> 要求がかなわない。→かんしゃく→大人が要求を実現してあげる。なだめる。→癇癪を強化してしまう。

<DRO> 問題行動にほうびを与えず消去する一方で、問題行動以外の望ましい行動を強化することが、問題行動を減らす事につながる。

*できていない事や、間違った行動ばかりを注意するのではなく、良い行動をしているときに、声掛けする。


私事ですが、今回無事新しいスタッフの方が決まり、引き継いだ後、次回より新しいスタッフで埼玉定例会を開催して参ります。

私は任期内の終了ですが、これまで任期を越えて、支えてくださったスタッフの皆様本当にお疲れ様でした。

2歳半でほとんど発語のなかった我が子は、つみきの会に入り、ABAという指導法に出会えたことと、沢山の方の力をかりて、

今では、年相応の会話ができるようになりました。周囲の子が遊んでいる時間をABAに費やし、泣きながらセラピーをしている時もありましたが、

これまでの経験は、すべて子供と、我が家の力になっていると思います。

ABAから学んだことは、沢山ありますが、なによりも我が子にとっては、「素直な心」のように思います。

来春、小学校で普通学級に進学する予定です。まだまだ課題はあるかと思いますが、つみきの会で学んだことを軸に、頑張っていきたいと思います。

皆さま、大変お世話になり有難うございました。

次回の定例会は、4月22日㈯で、「井上雅彦氏 講演会」を予定しております。詳しくは、またご案内致します。


山口


























1gatu

12月25日、札幌定例会の報告

札幌定例会(12/25)報告です。

札幌では2日前に、50年ぶりの大雪になり積雪も100㎝を超えて、千歳空港では6500人が空港に泊まり込む事態となり、藤坂代表が来られるか心配していましたが、当日は天気に恵まれ無事に、定例会を行うことができほっとしました。今回の定例会はクリスマスと重なり参加人数の心配をしていましたが個別指導が7組と大盛況でした。今回の定例会の最大の課題は「役員選出」です。前回、藤坂代表から「役員が決まらなければ、札幌支部は一時休止でいいんじゃないか」と言われ、このままでは札幌支部が無くなってしまうと思いながら定例会を迎えました。講義の前に藤坂代表が役員の立候補を促して下さり。役員が決まりました。藤坂代表ありがとうございました。入会した当初、藤坂代表が「この子、だいじょぶじゃない」と言われ4年間一心にABAをやってきました(妻が)。藤坂代表、ノティア秋本さん、長出さん本当にお世話になりました。次回は2017.4.2日です。札幌支部石本

11/27広島定例会のご報告

11月27日の広島定例会が行われましたのご報告いたします。

17家族(大人27名、子ども8名)、療育関係者3名、にご参加いただきました。

①個別指導(3組)

1組目 音声指示

「おなか」「足」などの体の名前が入りにくい場合は、
「おなか ぽんぽん」 「足 とんとん」 「おてて ごしごし」 などと動作に関する擬音語を入れて音声指示すると良い。
また、強化子を充実させ、新しい課題と出来ている課題を混ぜてやると効果的。


2組目 色と物の表出

赤、青、黄、白、緑などの基本的な色、ブロック、いちご、ぶどう、バナナなどの表出はできています。
次に単 語から2語文へ発展させるため、ブロックを投げた瞬間「どうした?」と聞き、すばやく「なげた」とプロントする。
同じ要領で、「バナナ ふってる」を何度か練習すると、「ばなな ふってる」をプロントなしで表出できるようになりました。

また、独り言の自己刺激がある場合は、玩具などの魅力的な強化子を渡して、現実世界に引き戻すと良い。


3組目 声の大小 (大きい声をセラピー時に出させる課題)

「大きい声でヤー」と片手を突き上げて見本をみせた後に模倣させても、なかなかうまくいかない。
その場合、強化子である大好きなぺロぺロキャンディーを、大きい声で「あめちょうだい」と言えた時 だけになめさせる。
ちょっとでも大きい声が出せた時に強化し、小さい声の時は反応しないを繰り返し練習することが大事。


②集団プログラム

・動作模倣(まねっこ)
・手遊び歌(むすんでひらいて、グー チョキ パーで何つくろう)
・トンネルくぐり、橋わたり
・お返事(お名前、同じくだものを持っている人

バナナやいちご、ぶどうなどのラミネートされた絵を床にならべ、こどもたちに好きな絵を1枚づつ選ばせます。
藤坂さんが「バナナ持ってる人」と言ってバナナの絵を見せると、バナナを持っている子どもが挙手して自分の持っているバナナの絵を藤坂さんに持って行きます。

私の息子は、お名前を読んだら手を 挙げて返事をする課題はクリアできていたのですが、お返事以外に手を挙げて返事するのが苦手でした。
集団プログラムでやったようになやり方だと、楽しく手を挙げる練習ができていいなと感じました。


③浅間ペンギンさんをお招きしての講演

東京講演で好評だったお話を広島でもききたいと、広島会員さんが調整してくださったおかげ、浅間ペンギンさんを広島にお招きすることができました。

浅間ペンギンさんは、とても穏やかでほんわかされているけれど、芯はしっかりされた方でした。

浅間ペンギンさんの息子さんは、3歳で自閉症と診断され、5歳からABAを始められました。
現在、小学校5年生で普通級に通われて いらっしゃいます。
小学校は就学猶予をされ、1年学校を遅らせて小学校 に入学されました。

浅間ぺんぎんさんは、藤坂さんの奥様と同様、小学校1年生の時からスクールシャドーとして付き添っていらっしゃいます。

講演内容は、生い立ち、ABAを始める以前の様子、就学猶予に至った経緯、就学前準備、入学時の小学校のやり取り、小学校での様子、問題行動、学習について、障害者差別解消法など、多岐にわたる内容をお話いただきました。

私がとても印象に残ったお話は、スクールシャドーをしながら、放課後はクラスのお友達と一緒に、浅間ペンギンさんも一緒に遊ばれていたそうです。
そうするうちに一緒に遊ばれていたお友達が、浅間ペンギンさんの息子さんが困っている時は、味方になってくれたり、フォローしてく れるようになったとのこと 。
学年変わりのクラス替えになった時も、そのお友達が、新しいクラスメイトや担任の先生までフォローしてくれたとのことでした。
とても素敵なお話で、涙なしでは、きけれませんでした。

2時間の講演は、あっという間に終わってしまいました。まだまだお話を聞きたいことがたくさんありました。
また機会があれば是非、広島にお越しいただきたいと思いました。

浅間ペンギンさん、ありがとうございます。
こういった機会を設けていただきまして、藤坂さん、ありがとうございます。

また、天候の悪い中、お越しくださいましたNOTIAのセラピストさん、スタッフさん、ボランティアさん、ありがとうございました。
次回広島定例会は2 月26日を予定し ております。

次回も沢山の参加をお待ちしております。

HomeNext ≫

プロフィール

Author:つみき通信
NPO法人つみきの会は自閉症、広汎性発達障害という障害をもった子どもたちに、ABA早期家庭集中療育(ABAホームセラピー)を施す親とそれを支援する療育関係者の集まりです。
ABA療育に関心のある方なら、どなたでも参加頂けます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR