FC2ブログ

つみき通信

このブログは、つみきの会の各支部リーダーを始め、理事、事務局スタッフなど、つみきの会の活動を支えるスタッフたちからのお便りをお届けするものです。ぜひ、時々お立ち寄りください。

2019年4月14日仙台定例会報告

4月14日(日)に開催された仙台定例会についてご報告いたします。大人13人、子ども8人が参加し、初参加の会員の方もいました。

【個別指導】5組参加

*ズボンのホックを留める
ホックの引っ掛けるところを修正ペンなどで白く目立つようにすると子供がわかりやすい。今回はシールで代用しました。
チャックは閉めた状態でホックのみ動かすようにしておくと動きが制限され成功しやすい。

* 靴下の上下
足の甲側、裏側の弁別。表裏の弁別ができているか絵カードを使って確認。
間違いなくはけるように、靴下の右親指で持つところに油性マジックで印をつけると良い。(洗濯しているうちにマジックが落ちてフェードアウトできる)

*物の大小
声の大きさのプロンプトで伝わりにくかったので
「大きい」のときは両手を広げて大きいバナナをさわる
「小さい」のときは両手人差し指で狭い幅を作って小さいバナナをさわる。

*髪を結ぶ
ぽぽちゃんなど人形の髪(少ない量)を結べたら自分の髪をほんのひと房、横で結ぶ。横で結べるようになってから自分の後頭部結ぶことにチャレンジする。

*紐を結ぶ 
左右どちらの紐が上になるか決めてから教える。
バックワードチェイニングで最後に紐を引いて完成させるところから教える。


【講義】身辺自立の教え方

全てスモールステップに分解して、プロンプトと強化で教えていく。
こどもがどこでつまずいているのかよく観察して分析し、効果的なプロンプトを考える。
達成感が得られるバックワードチェイニングで教えていく。

身辺自立デモ
①箸の使い方

②ズボンのベルトを締める
バックワードチェイニングで、最後のわっかを通すところからさかのぼって教える。

③シャツ(肌着)をズボンのすそに入れる
体の前のほんの一部分だけ出ている状態を、左手でズボンのウエスト部分を引っ張り隙間を作る。右手でシャツをズボンに入れる。
体の横でも同様に練習。
次にシャツの前の部分をたくさん出し、右手をスライドさせて入れる。
体の横、後ろも同様に。
最後に上着を着て肌着だけズボンに入れる練習をこの手順で繰り返す。

参加された皆様、セラピストの田村先生、遠方よりお越しの藤阪代表本当にありがとうございました。今回も大変勉強になりました。
次回開催は7月21日(日)です。
皆様のご参加をお待ちしております。
スポンサーサイト

あきらめなくてよかった

次男はこの春、中学3年生になります。
中学受験をして、一番近い中高一貫校に通っています。
天文部に入って毎月の夜の合宿が楽しみで、
学校の友達とテレビドラマやゲームなどの会話を楽しんだり、
時々LINEで聞かれて試験範囲を教えてあげたり、
まずまずのお付き合いをしているようです。
ここまで成長できたのには、忘れてはならないことがあります。

幼い頃の次男は1歳10カ月になっても言葉を話さず、
健診で発達検査を受けたところ、詳しい説明は無いまま、
2歳から児童発達支援センターに月3回通うことになりました。

2歳半になる頃には、
一生懸命に教えた、パパ、ママ、バナナ、リンゴ、バイバイのわずか5つの単語も、もう忘れたのか、消えていました。

その頃、センターのベテラン指導員と初めて面談がありました。
「発達障害の可能性が高く、一度消えた言葉はもう出て来にくいと言われています。」
はっきりと聞かされた時は、嘘だ!と心で叫びながらも、
多くの子どもたちを見てきたベテランの先生が言うのだからそうなのだろう、
とも思いました。
そして
「言葉はカードを使う方法とか色々あるから、
3歳になったらウチに毎日通うようにしましょう。幼稚園は無理…」
と言われました。

そうか、普通ではないんだ。
帰りの車の運転は涙で前が見えなくて危ない思いをし、
仕事の忙しさがピークだった夫が事故でも起こすのではと心配で、
仕事が落ち着くまでの1か月だけ黙っておこうと思いました。
そうすると家で話し相手もおらず不安でいっぱいになり、
普段触ってもいなかったインターネットに答えを求めたおかげで、
つみきの会にめぐりあうことができました。
タイミングよく2週間後に親講習会があるとのこと、
誰にも言わず6週間通うことにしました。

親講習会の1回目、行きの新幹線では、
多動のためいつも通りウロウロする次男と
連結部分で過ごしたのですが、
帰りの新幹線ではシートに座ることができました。
「座ってる!座ってる!座ることを覚えたんだな。
これはすごい!やるしかない」

手厚い指導を元に家でセラピーを始めました。
ところが、当時バセドウ病の治療を受けていた私は、
たちまち疲れてしまいました。
しかも子供が4人いました。
これは私には一人では無理だとすぐにわかりました。
しかし、良い方法が目の前にあるのに、
あきらめるわけにはいきません。
近所の友達にセラピーを手伝ってもらう事に決めたとき、
初めて夫に次男の障害を告げました。

6回の講習会が終わるころには、
指示に従うことなど全くなかった次男が、
動作模倣がなんとか出来るようになりました。

引き続き、明石発達相談で月2回(当時)
藤坂さんに貴重なアドバイスをいただきながら、
午前中2時間(家事よりも前に元気なうちに)私がセラピーをして、
午後の2時間はアルバイトの学生さんにセラピーをしてもらう体制を、
幼稚園入園までの2年間続けました。

この体制のおかげで、なまけものの私にもセラピーを続けることができました。

2週間に一度の発達相談は、私には無くてはならないものでした。
次男は新しい課題をなかなか理解できなくて、
分厚い壁がいくつもあって、
一人でやっていては打ち破れなかったと実感しています。
発達相談でアドバイスをいただいて
ウキウキと帰ってセラピーに取り組むのですが、
1週間ほどでまた行き詰まることも多く、
しかし次の発達相談には何か少しでも出来るようになってそれをお土産にしなければ…と
後半の1週間もなんとか頑張れました。

アルバイトの学生さんは
上手に次男をコントロールできました。
しかし、新しい課題を教えることは難しかったので、
できるようになった課題の復習、
ハサミやのりを使う工作ドリルをして作ったもので遊ぶ、
鉛筆の練習のために迷路のドリル、
音声模倣などをしてもらいました。
家事がたまっていても
午後学生さんが来てくれた時に片付ければいい、
体調が多少悪くても午後休めるから、
とにかく私は午前2時間セラピーやろう、
と思えば気が楽で、
新しい課題に集中できました。

音声模倣は私も先導してやりました。
あいうえお五十音を一つずつ増やしていき、だいたい言えるようになったら「構音訓練のためのドリルブック(協同医書出版)」の2音の単語を練習し、
2音が言えるようになったら3音、3音の単語が済んだら4音と増やしていきました。
セラピー前に練習する単語を20ほどノートに書いておき、
セラピーでは
スムーズに言えて練習する必要のない単語には◯、
もう少し練習したい単語には△、
数回練習しても今は言えそうにない単語は
深追いせず×をつけてやめる、
という作業をしました。
そして次のセラピーには
△×の単語と新しい単語を
合わせて20ほどノートに書いておき…
を繰り返していくうちに、
構音ドリルブックはひと通り言えるようになり、
音声模倣は終了しました。
学生さんにお願いするにあたって、
ドリルや具体的な課題を用意しておく方が
やりやすいだろうと思っての事ですが、
私にもやりやすかったです。

次男の単語が自分からたくさん出始めるのも
時間がかかりました。
身のまわりの物を写真に撮って、
「テレビ」とか「つみき」とか、
最初はゆっくりのペースで
何か月もかかって一つの言葉を教え、
それから様子を見ながら一つずつ増やしていって、
すぐ忘れるので毎日全部復習させながら、
やがて、一日一つのペースで覚えることが出来るようになり、
次男の場合はですが、写真が200枚になった頃、
自発で単語が出始めました。

形容詞や動詞も、あれこれと試行錯誤し、
やっと概念がわかるまで何か月もかかりました。
しかし幸いにも一つを理解したら
一気に種類を増やすことができました。
次男も言葉がわかるのが嬉しいのか、
弾むように飛び跳ねながら答えていたのを
懐かしく思い出します。

次男は、ABAが無ければ
話せていないと思います。

なんだか書いていて、ABAを始めようとされている方が
「大変そう」
と不安になられるのではと心配になりました。
でも、大変だけど
考えられたステップで少しずつ進めていくので、
あきらめなければ きっと出来るようになると思います。
そして、教えたことは生活の中で使えるようになり、
また、セラピーで教えなくても学べるようになっていくので、
だんだん楽になります。

1年間デスクに集中した後、3歳6カ月の時、
週2回、市の未就園児教室(市内3か所を掛け持ちしました)と、
ヤマハ音楽教室を利用して集団の練習を始めました。
動作模倣と音声指示のスキルでなんとか参加を許されていた程度だったと思います。

ABAを始めて2年後、
近所の公立幼稚園にお願いしてなんとか入園できました。
5月の運動会が終わる頃まで毎日付き添いましたが、
繰り返しプロンプトしてルーティンができるようになったのと、
私の体力的な問題で付き添いは終了しました。
その後、叱られると逆切れして問題行動を起こしていたので、
2年目の年長さんでは加配の指導員がつきました。

小学校への入学も大規模小学校の情緒支援学級の判定でしたが、
最後まで粘って、
入学後問題があれば支援学級に変わる条件付きで
地域の小さな小学校の通常級に入学しました。
よい環境で級友に恵まれて、そこで6年間楽しく過ごすことができました。

中学生になった今でも、長文読解や体育や読書会など苦手なことも多く、
学校で嫌な思いをすることも時々あるのですが、
落ち着いた毎日を送っています。
ほがらかに話し、自分から気がついて進んで手伝える優しい子です。

この卒業メッセージが、今がんばられているご家族に少しでも何かの参考になれば幸いです。
そして、つみきの会のおかげで我が家は救われました。
つみきの会を立ち上げて精力的に活動を続けていらっしゃる藤坂さんと、
つみきの会を支えてこられた皆様には、感謝の言葉も見つかりません。
本当にありがとうございました。
ABAで劇的に改善したお子さんは沢山いらっしゃると思います。
これからも一人でも多くの子どもたちが希望を持って成長して欲しいです。
また、経済的な理由であきらめる事が無いよう、支え合う社会であってほしいと心から願っています。

KS

2019年1月12日東京定例会開催報告

2019年1月12日東京定例会を開催いたしました。
33家族、大人50名、子ども21名が参加でした。
そのうち12家族が初参加でした。

【個別指導】
1組目:目合わせ
まずは、音声指示ができるか確認する。
音声指示ができていたので、次は目合わせ。
大人が呼び掛けて目を見られたら、強化する。
呼びかけは「〇〇△△くん」「△△くん」「こっちみて」「こんにちは」「バイバイ」など。
大人が子どもの正面だけでなく、右側、左側、後ろから声を掛けても目合わせできるようにする。

2組目:位置(前、後)
箱の「前・後」で教えるとわかりずらいので、机を使う。
まずは、「上・下」を理解しているか確認する。
大人が机と同じ高さの位置にバナナを差し出して「上」の音声指示で机の上に、
「下」の音声指示で机の下に置く。
次に、同じように机を使って「横」を教える。それから、「前・後」を教える。
音声指示の後に、手でバナナを置く場所を示してプロンプトする。

3組目:単音の音声模倣(た行)
濁音の方が言いやすいので、先に「だ行」を練習。
た行は英語のT(ティー)の発音なので、
「た」を「てぃあ」と音声模倣させ、徐々に「た」に近づけていくと発音できた。
「な」を「にゃ」と発音させて、徐々に「な」に近づけていくと発音できた。


【般化訓練】
3家族×6グループ=18家族が参加。般化訓練・初参加の方は3家族。
各グループ、ベテランさんも初心者さんも一緒にセラピーに取り組んだ。
見学の方も熱心に御覧になっていた。

【集団プログラム】
動作模倣、手遊び歌、ボランティアさんが持った果物にタッチ、
ボランティアさんがつくったトンネルくぐり。
親も子も、ボランティアさんも楽しく参加。
 
【講義】文字の読み書き
文字の読み書きを教え始めるのは、3歳半~4歳から。
教える時期は、年少・年中で数字とひらがな、年長でカタカナ、小学校から漢字。
読みの学習を先行させ、書きの学習は半年くらい遅らせるとよい。
印象に残ったのは、小さい「っ」の読み方を教える方法です。
まず「こっぷ」というカードを作り、「こっぷ」と読ませる。
次に「こぷ」や「こつぷ」でも「こっぷ」と読まないように対比させていく。
コツはカードの文字をなぞりながら読む。「こっぷ」は「こ」と「ぷ」の間をジャンプするように、
「こぷ」は素早くなぞると、子どもは分かり易いし、楽しみながら課題に取り組める。
文字を書くデモンストレーション。
文字の書きのプロンプトは、子どもの手を強く握るのではなく、
子どもの手の内側と外側に大人の手を添えるだけにする。
手を強く握られると、子どもにとって不快であり、
また自分で書くことを覚えようとしなくなるから。


今回の定例会は、ボランティアさん21名、ノティアセラピストさん3名にご協力いただきました。
大変お世話になりました。ありがとうございました。

次回の東京定例会は2019年4月21日(日)川崎生涯学習プラザでの開催を予定しております。
皆さまのご参加をお待ちしています。

卒業メッセージ(たんぽぽ)

昨年、卒業メッセージを寄せて下さったたんぽぽさんが、今度は本当に退会されることになりましたので、改めて寄稿をお願いしたところ、快く引き受けてくださいました。以下、たんぽぽさんからのメッセージです。

***

入会当時、幼稚園児だった娘も、4月から小学3年生になります。
藤坂会長やNOTIAのセラピストの皆様に助けていただいたおかげで、娘は今も元気に普通級で過ごしております。
週に1回通級に通っていますが、学力的には年齢相応、大きな問題はほとんど起こさず、何より本人が楽しく学校に通えています。
入会当時は、とてもここまで平和な学校生活が送れるような子に育ってくれるとは思えませんでした。

3歳頃の娘は、大きな癇癪やエコラリア、こだわり行動に睡眠障害と、自閉症スペクトラムのいろいろな特性を示していました。
娘の将来が見えず、毎日真っ暗な気持ちで泣き暮らしていました。
あのまま、早期療育という言葉やつみきの会に出会わなければ、どうなっていたことかと思います。
セラピストさんには、幸運なことに週2回来ていただけました。
親である私も「せめて小学校入学前までは出来ることは全てやろう。やらなくて後悔するよりは、やるだけやってから後悔しよう」と、覚悟を決めました。

しかし、並行して幼稚園や児童発達支援の教室にも通っていましたが、送迎が私には結構な負担となっていました。
道を歩く途中で、娘は突然癇癪を起こし、地面に倒れ伏し泣きわめきます。
落ち着くまで30分近くかかるのはよくあることでした。
心配したお店の方や駅員さんに声をかけられ、いたたまれない思いもしました。
そんな日は、冷静にセラピーをする気力が湧かず、娘も疲れていてコンディションが悪く、なかなか思うようにセラピーを進めることができませんでした。

そんな私の心の支えが、自宅に訪問してくださるNOTIAのセラピストさんでした。
どんな天気の日にも変わらぬ笑顔で来て、真剣に娘のために戦って下さいました。
メリハリがあるのに、にこやかに楽しく、娘にわかりやすいセラピーを、辛抱強く続けて下さいました。
私も、つみきBOOKをしっかり読んでセラピーをしているつもりなのですが、我が子のことだけに、どうしても感情的に抑えられなくなって、スパルタ教師のような指導をしそうになってしまったりしていました。
でも、セラピーというのはそうではないのだ、ということが、実際のセラピストさんのセラピーを見て理解することができました。
プロの子供への対応を目の前で見る、というのは、とてもありがたい体験でした。
今でも、娘に接するときの対応は、この時の経験が大切な基礎となっています。
今まさに小さいお子さんのセラピーに挑戦している皆さまには、是非、定例会などで実際の指導に触れる機会を持っていただきたいなと思います。

小学校入学前には、ひらがな・数字の読み書き、初歩の計算までギリギリたどり着きました。
学校仕様の机や椅子、引き出しなどを事前に買って、家庭でも使ってみました。
ミニ黒板を買って、板書の練習もしてみました。
入学前に学校に訪問し、下駄箱の位置や教室を見せていただきました。
担任の先生宛てに、我が子の取扱説明書のようなものを書いてお渡ししました。
知らないことに対して不安の強い娘のために、色々事前に準備をしたのですが、会話力やコミュニケーションがおぼつかないため、心配ばかりの小学校入学でした。

入学後、学校側の配慮もあり、娘の生活は予想よりも順調に進みました。
求めた主な配慮は、席を一番前にすることと、小まめな声かけです。
娘の学校は、低学年のうちは登下校を集団でするのですが、不注意のある娘を小学生だけの集団に任せるのは危険と思えました。
なので、登下校に親が1年間付き添いを続けました。
2年生になってからは、下校時のみ家の近くまで迎えに行っています。
安全のためにというよりは、今は、下校時の様子で子供達の人間関係を見守るためです。
会話やコミュニケーションに難がある娘ですが、今のところいじめの兆候はなく、すごく親しい友達はいませんが、それなりに学校では遊んでくれるお友達がいるようです。

勉強は、チャレンジタッチやくもんで学校のことを補っています。
くもんにも特性をお話しして、課題の枚数は通常の半分でお願いしています。
漢字が一時期苦手でしたが、書き順を唱えて覚える学習法に変えてから、よくなって来ました。
指先の不器用さから、定規で線が綺麗に引けませんでしたが、今ではピタットルーラーという、滑り止め付きの定規を使って解決しています。
普通級でほぼ問題なく過ごしている娘ですが、体育はずば抜けて苦手なため、この部分は通級で補っていただいています。
その甲斐あって、跳び箱も何とか最低ラインはとべるようになりました。
学力は年齢並みですが、普段の様子を見ていると、娘の精神年齢というかコミュニケーション能力は、幼稚園児並みだと感じます。
けれど、素直で明るい性格な子に成長しました。
親子でふざけて笑い合ったり、1人の時間は一生懸命絵を描いたり工作をして楽しんでいる娘を、3歳の頃には想像できませんでした。

まだまだ娘の人生では、色々困ることが起きてくると思いますが、教えていただいたことを心の支えにして親子でがんばっていくつもりです。
藤坂会長やNOTIAの皆様の励ましや指導がなければ、ここまでたどり着くことはとてもできなかと思っております。
大変感謝しております。
どうもありがとうございました。
これからも、つみきの会の益々のご発展と皆様のご健勝をお祈りいたしております。

自閉症治療を医療保険の対象とする動き、全米に広がる

近年、ABA(応用行動分析)を含む自閉症治療の費用を民間医療保険会社に負担させるよう義務付ける州法を制定する動きが全米に広がっています。

全米州立法府会議(NCST)のまとめでは、2017年6月現在、46の州(ワシントンDCを含む)でこのような法律が制定されているそうです。
http://www.ncsl.org/research/health/autism-and-insurance-coverage-state-laws.aspx

もっとも、全米一の自閉症啓発団体であるAutism Speaksによると45州となっています。これは言語療法、理学療法のみをカバーするテネシー州を計算に入れるか否かにかかっているのかもしれません。
https://www.autismspeaks.org/advocacy/insurance

医療保険でカバーされる治療としてABAが明記されている割合を調べたところ、テネシー州を入れた46州のうち、2州(テネシー、インディアナ)を除く44州が、ABAないし行動療法を保険給付対象として明記していました。ABAが単独で給付対象となっている例はほとんどなく、大部分は、薬物療法、精神医学・心理的ケア、ST、OTなどと併記されています。
(上記NCSTによるダイジェストで確認できなかった州は、Autism Speaks Adovocasy Newsで、さらに確認できない場合は直接州法の原文にあたりました)

もっとも明確にABAを排除しているのはテネシー州だけで、インディアナ州は法律では明示していないものの、州保健省は適切な治療としてABAを勧めているとのことです。(Indiana Resource Center for Autismのサイトによる)

また多くの州法が、特にABAに限定して、年間の給付額の上限を定めています。これはABAがほかの療法に比べてけた違いに高価だからでしょう。上限は年齢によって違いますが、だいたい年間25000ドル~50000ドルという例が多いです。

代表的な例として、コネチカット州法(2009年)(Conn. Gen. Stat. § 38a-514b)を紹介します。

この州法は州内のすべての集団加入医療保険に対して、自閉症スペクトラム障害の診断と治療を保険でカバーするように義務付けています。カバーされるべき治療は、行動療法、薬物療法、精神医学的サービス、心理学的サービス(サイコロジストによるコンサルティングなど)、理学療法、言語療法、作業療法、となっています。

また行動療法への給付額は、9歳未満で年間5万ドル、9歳以上13歳未満が3万5000ドル、13歳以上15歳未満が2万5000ドルとなっています。

藤坂





HomeNext ≫

プロフィール

つみき通信

Author:つみき通信
NPO法人つみきの会は自閉症、広汎性発達障害という障害をもった子どもたちに、ABA早期家庭集中療育(ABAホームセラピー)を施す親とそれを支援する療育関係者の集まりです。
ABA療育に関心のある方なら、どなたでも参加頂けます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR