FC2ブログ

つみき通信

このブログは、つみきの会の各支部リーダーを始め、理事、事務局スタッフなど、つみきの会の活動を支えるスタッフたちからのお便りをお届けするものです。ぜひ、時々お立ち寄りください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018年10月15日東京定例会開催報告

2018年10月15日東京定例会を開催いたしました。
今回は35家族、大人52名、子ども11名が参加してくださいました。
そのうち初参加は17家族でした。

【個別指導】
1組目:三音節以上の表出
絵カードを見ながら子どもに表出させているが、しょうぼうしゃ→ぼうしゃ、
しんかんせん→かんせん、となりうまく言えない。
お子さんは、さ行の発音が苦手なので、さ行以外の音から始まる
三音節(バナナやたまごなど)からやってみる。
まず、絵カードの受容ができるかどうか確認する。
しょうぼうしゃは、大人が「しょう、ぼう、しゃ」と発音して音声模倣させる。
しんかんせん→かんせん、と表出しているので大人が「し」だけプロンプトして、
子どもに「しんかんせん」と言わせる。

2組目:身体部位の受容
頭とお腹の弁別ができない。
お子さんは身体部位の受容が苦手だが、動作模倣はできているので、
「あたま」と音声指示を出すと同時に動作模倣のプロンプトをする。
頭は「あたま」、お腹は「おなかポンポン」、膝は「手はおひざ」の
音声指示から始めると、子どもにわかりやすい。

3組目:「ここ」「そこ」、「いる」「ある」の弁別
子どもの近くにトラ、遠くにパンダを置く。「とらどこ?」で子どもが「ここ」と言いながら
近くにあるトラを指差す、「パンダどこ」で「そこ」と遠くにいるパンダを指差す。
この課題はできているが、途中で人形を叩いてあそんでしまい、
質問に答えなくなることがあるので、叩く前に制止すること。
次に、ピカチュウは「いる」、りんごは「ある」と言わせる課題。
(人間、動物、キャラクターは「いる」、無生物は「ある」)
子どもに分かり易くするため、まずは、動物(ペンギン、トラ、パンダ)と
乗り物(車、飛行機、バス)の2種類だけを用意し、「いっしょにして。」と指示を出し、
分類分けできるかを確認する。
分類分けできたら、動物は「いる」、乗り物は「ある」と教えていく。

【般化訓練】
3家族×3グループ=9家族が参加しました。今回、般化訓練・初参加の方は3家族でした。
皆さん、真剣に課題に取り組み、笑顔で強化していらっしゃいました。
見学の方も真剣な眼差しでご覧になっていました。

【集団プログラム】
今回は、動作模倣、手遊び歌、輪になって歩きながら笛が鳴ったら座る・タンバリンを叩いたら逆回転、
ボランティアさんがつくったトンネルくぐり、などをしました。
ボランティアさんが二人一組で向かい合って両手を繋ぎ、地面に腕を付けた状態の上を、
子どもたちが飛び越える(梯子跨ぎのような状態)では、猛スピードで走り抜ける子ども、
慎重に跨ぐ子どもなど、様々な姿が見られました。親も子も、ボランティアさんも楽しく参加しました。
 
【講義】SST(ソーシャルスキルトレーニング)
・教示→モデリング→リハーサル→フィードバックの手順を踏みます。
・モデリングでは、手本を見せる大人の演技力が大切
・悪い手本を見せたあと「どこが悪かった?」と「どうしたらいい?」と質問して子どもに答えさせる
・良い手本を見せたあとに子どもに「マルです」と言わせ、子どもにも実践させる

今回も、実演を交えながらの講義で、大変わかりやすかったです。
藤坂代表がお子さんと取り組まれていたピアトレーニングや、
大阪で行われていたSSTの映像も見せていただけたので、大変勉強になりました。

今回の定例会は、ボランティアさん9名、ノティアセラピストさん3名にご協力いただきました。
大変お世話になりました。ありがとうございました。

次回の東京定例会は2019年1月12日(土)、川崎生涯学習プラザでの開催を予定しております。
皆さまのご参加をお待ちしています。
スポンサーサイト

2018年7月15日東京定例会開催報告

2018年7月15日東京定例会を開催いたしました。
今回は37家族、大人52名、子ども11名の参加でした。
そのうち16家族が初参加でした。

【個別指導】
1組目:単音の音声模倣
・発声できる単音が少ない場合は、似た音が出た時も強化する。
・口や舌の動作模倣が難しい子には、親が指を使って身体プロンプトする。
・お子さんは舌は出せているので、舌を少し出した状態で舌の下に指を軽く置き、「た」の発音と同時に指をはなす。

2組目:色+物の名前の受容的命名
赤と青の飛行機を並べて「赤い飛行機ちょうたい」だと子どもがやるが、赤と青のつみきになるとやらなくなる。
・まずは、同じ色で別のもの、赤い飛行機と赤いペンで受容的命名ができるかどうか確認する。
・子どもにとって飛行機は印象が強く、つみきは弱い。赤と青のペンでやってみてはどうか。
・「赤い飛行機ちょうだい」ではなく「赤、飛行機」という簡潔な指示にした方が子どもに意図が伝わる。
・物の名前を教える時に親御さんは「ちょうだい」と言わないように。
子どもが正解を選んだ後で、親が「ちょうだい」と言ったり手を差し出すと、それがヒントになってしまう。
親御さんが指示を出したのと同時か直後(お子さんが選ぶ前)に、手を差し出すこと。

3組目:動作模倣
・既に習得している動作模倣を利用して新しいものを教える。例えば「タッチ」の模倣はできているので、それを利用する。
親が片手でタッチする風に斜め上に手を差し出し、子どもが手を出してタッチしようとした瞬間に
親が出していた手を少し後ろに引いてタッチさせないようにすると、子どもの動作が「はーい」の動作模倣になる。
同じように「ハイタッチ」を利用して「バンザイ」の動作模倣にすることができる。
・習得済みの簡単な課題を連続的に成功させて勢いをつけると、できない課題も成功できることがある。


【般化訓練】
3家族×3グループ=9家族が参加しました。
今回は般化訓練に初参加の方が多かったですが、親同士で意見交換しながら
積極的にセラピーに取り組んでいる姿が見られました。
子どもの頑張っている姿に、見学の方から歓声や拍手も沸いていました。


【集団プログラム】
今回は、動作模倣、手遊び歌、輪になって歩きながら笛が鳴ったら座る・鈴が鳴ったら逆回転、トンネルくくり、親子リレーなどを行いました。
子どもたちも楽しそうに参加していました。


【講義】コンプライアンスとモチベーション
 ABAセラピーにおいて「コンプライアンス」とは「大人の指示に従う姿勢」のことです。「モチベーション」とは「課題に前向きに取り組もう、反応しようという前向きな意欲」のことです。
 コンプライアンス形成において、やってはいけないこと、どう対処すればよいかについてセラピーの様子を実演しながらご説明いただきました。
 子どものモチベーションを高める工夫として、強化子の価値を高める手法や、教材は少し値段が高くても質の良い物を選ぶ、課題自体を楽しいものにする、などもご紹介いただきました。
今回は、実演を交えながらの講義でしたので、セラピーを始めたばかりの方には大変わかりやすかったと思います。
また、細かい手法までご説明いただけたので、セラピー経験を積まれている方も勉強になったと思います。

次回の東京定例会は、10月21日(日)、川崎生涯学習プラザでの開催を予定しております。
皆さまのご参加をお待ちしています。

3/11東京定例会報告

3月11日(日)に東京定例会を開催しました。
今回は43家族61名の参加でした。
今回も群馬や静岡といった遠方からもお越し頂きました。

「個別指導」(3組)
1組目:3歳の男の子
音声模倣を嫌がってしまったり、強化子を取り上げると怒ってしまう。
・1音はしっかり言えている音が多い。
・1音でしっかり言えていない音を2音でいう時は少し間隔をあけて言い、徐々に間隔を詰めていくとよい。その2音に意味があるかないかは関係ない。

2組目:2歳8か月の男の子。
音声指示と動作模倣。
・子音があまり出ていない。動作に子音を織り交ぜると良い。(ブブブなど)
・子音を出すには舌を使うか、唇を使うしかない。

3組目:3歳2ヶ月の男の子。
マッチング。3D2Dマッチングが難しい。
・2Dは実際の教材を写真に撮って実物大で印刷するべき。マッチングするときはニュートラルにやる。無意識にプロンプトしている時があるので注意する。
・強化子は飽きないように。

個別指導は文章で表現することは難しく、実際に見て代表の話を聞かないとよく分からないので体験をおススメします。

「集団プログラム」
今回もボランティアさんにお手伝いいただき、歌やダンス、トンネルくぐり、あれは何だ~ごっこもしました。
そのあと一人ずつ名前を呼ばれて、みんなが大きな声で返事できていました。

「Shizuさんの講演」
~発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉かけ~

Shizuさん自身、ダメな親でイライラして子供を叱りつける、という事をやってしまっていたそうです。
こうなると子供もママを困らせるダメな子、という自己否定をしてしまい、できるものもできなくなってしまいます。
そんなある時、叔父が遊びに来て子供と遊んでくれて、笑いが起きていた。
その様子を見て笑いの大切さに気が付いた。

幸せに暮らしていける、大丈夫!という自己暗示を大事にしています。
根拠のない自信ですが前向きに考えるようにしましょう。

口角をあげる事も大事。口角をあげると・・・
・マイナスの事を考えにくくなる。
・怒りにくくなる。
・その場の雰囲気をよくする。

子どもが間違えても間違えなくても子どもの事が好き、と伝える事。
子どもの前でディスってはダメ!
命令語や否定語はなるべく使わない。
指示待ち人間にならないように、ある時期になったら指示を控え、自分で気が付くように声かけを変えましょう。

自分らしく生きるコツは~~
①自分接待をする
②今ある幸せに気付く
③小さなことでも自分をほめる
④自分軸で生きる(~するべき、~であるべきに縛られない)
⑤不安、心配、自己否定、罪悪感 も否定せず、うまく付き合う

予期不安は起きるかどうかわからない事、考えても無駄。
でもそういう自分は認めてあげる、マイナスの気持ちも受け止めてあげる。

変わるのはまず自分!子供が見たいのは親の笑顔!
なんか知らんけど○○(子供の名前)は将来幸せに暮らしていける子、大丈夫!

というお話をいただきました。親自身が毒キノコになってマイナスオーラをふりまかない、根拠はなくても前向きに、変わるべきはまず自分、というお話が大変胸に響きました。お話を聞いてこれからの子供との接し方もよりよく変われそうな気がしてきました。
Shizuさん、本当にありがとうございました。

次回は7月ごろ開催予定です。
よろしくお願い致します。



9/3 東京定例会報告

9月3日(日)に東京定例会を開催しました。
今回は30家族43名の参加でした。

「個別指導」(3組)
1組目:音声模倣が課題。6つくらいしか音が出せない。
・出ている音を利用して母音から作っていく。
・母音が出るようになったら舌を使って「タ行」を出せるようにする。
・さらにそこからサ行やナ行へ発展させる。

2組目:2組目も音声模倣が課題でしたがちょっと強化子のあげ方を間違えてかんしゃくを起こしてしまい、かんしゃくを起こした時の対処法、に課題が変わりました。
・子供を後ろから抱えて座らせる。(子供は床におろして直角に座らせる。)
・プロンプトしても聞かないのでお椀に物を入れる、程度の課題をこなす。
・落ち着いてきたら強化子をあげるようにする。
これを繰り返すことで親のペースで行う事ができる。決して子供のペースにあわせない。

3組目:対の概念を教えたい。
対の概念を教えるにはまずは大小から。
ただし、ランダムローテーションをしないと分かっていない可能性がある。
分かっているかどうかを確認するために小さい方から始めたり、同じ方を何度も聞いてみる、などをすることが大事。

「般化訓練」
4家族×3回=12家族が参加しました。
般化訓練に3回以上参加したことがある方が多く、セラピーに使っている物も独自に作ったり、工夫している所が見られ大変参考になりました。

「集団プログラム」
今回は歌とダンス、トンネルくぐりを行った後、新しくロープウェーを行いました。
子供たちはみんな楽しく参加していました。

「代表の講義」
今回のテーマは「身辺自立スキルの教え方」
身辺自立には「食事スキル」「衣服着脱スキル」「水回りスキル」がある。

教え方の基本はプロンプトと強化。
パンツは無地のものを2枚用意し、前と後ろを見分けさせる。
女の子の場合は、足を出すところの向きで判断できるように。

頭を洗う、ズボンを履くなど長い行動の場合は、チェイニング、特にバックチェイニングがおススメ。
まず、親が自分で実際にやってみて、公道をステップ分けすることが大事。
決して想像だけでステップ分けしないこと!(やってみてわかることがある)

バックチェイニングはステップ分けした後ろから教えていく方法。
一つのステップが出来たらすぐ次のステップへ進ませること。
ぶつ切りにしてしまってはダメ。
また、途中で強化してはいけない、最後のステップまで終わってから強化する。

最後にトイレトレーニングのやり方を教えていただき、終了となりました。

実際に定例会に参加して見聞きしないと分からないことがたくさんあります。
次回は平成30年1月21日(日)、川崎市生涯学習プラザで開催の予定です。
皆さまのご参加をお待ちしています。

1/29東京定例会報告

1月29日(日)東京定例会を開催しました。

今回は浅間ペンギンさんをお招きしての定例会となり、いつものプログラムとはちょっと変わって初めに個別指導(3家族)、その後集団プログラムを行って、浅間ペンギンさんからご講演をいただきました。

個別指導
3家族が藤坂代表の指導を受けました。
1組目、4歳の女の子。動作模倣について。
・強化子をあげるタイミングを考える事。強化子を求められても反応してはいけない。
取り上げたら駄々をこねた場合も反応しない。
親が求める反応を子どもが示したら強化子を上げるようにすること。
その他、物の名前を覚えさせるには、擬音語から始めるとよい(コップゴクゴク、タオルふきふきなど)
セラピーは強化と消去、適切に消去すること、との御指導がありました。

2組目、4歳女の子。「はーい」と手を上げられるようにしたい。
・握手はできているのでそこから手を上げるように誘導するとよい。握手は嫌いではないので嫌いでないことを利用するように。
・強化は素早くすることで効果が大きくなる。

3組目、男の子。ついたてを立てて向こうのものが見えるか見えないか。
・最初は見える、という事がわかっていなかった。
1つずつ物の名前を言わせてからついたての向こうに隠すように指導されると分かるようになった。
・最初は隠したものを覗かせてもよいから分かるようにする。

集団プログラム
みんなで一緒に手をたたいて踊ったり、結んで開いて、大きな栗の木の下で、などを歌って踊りました。
トンネルくぐりをした後、広がって輪になってもらい、一人ずつお名前を聞いていきました。

浅間ペンギンさん講演
「我が子との10年の歩みを振り返って」と題して講演をいただきました。
浅間ペンギンさんのお子さんは11歳。5歳からABAをはじめ、7年間になるそうです。

自閉症と診断されてから、針灸、般若心経の写経、奇跡の聖水ルルドの泉、宗教への入信などを検討されたという浅間ペンギンさん。
ABAに出会って2ヶ月で我が子の顔つきが変わり、指示が入るようになり、1年後には全く別人になったそうです。
感覚過敏や偏食、爪かみ、睡眠障害といった自閉症の特徴的な行為に関しても大幅な改善が見られました。

就学猶予を認めてもらうステップについても教えていただき、またそのメリットとして1年生の教科書はもらえるため、半年以上予習ができること、教育に専念できること、を上げられる一方、デメリットとして、小学校に通う以上の素晴らしい成長を促せるか、私立の学校は就学猶予していると受験資格がなくなる、などを挙げておられました。

浅間ペンギンさんは、シャドーとして付き添うことを選択しました。
理由としては、受容型療育施設では悪いことを悪いと言わないため、癇癪を起こすと教育がなされないため、不適切なアプローチが行われるため、と言っておられました。

その他、印象的だったのは発語がなくても読みを教えてあげること、聞こえていることが私たちとは一緒とは限らず、メロンのことをメヨンと言っていたがメロンと書いてあげたら読みも直ったというエピソードをお聞かせいただきました。

ほんわかとして優しそうな雰囲気の浅間ペンギンさん。
我が子の学習に使っていたドリルを回覧してくださいましたが、年が上がるとどんどん字が上手になっていっているのがとても印象的でした。
浅間ペンギンさん、どうもありがとうございました。

次回は6月18日(日)に開催の予定です。

HomeNext ≫

プロフィール

つみき通信

Author:つみき通信
NPO法人つみきの会は自閉症、広汎性発達障害という障害をもった子どもたちに、ABA早期家庭集中療育(ABAホームセラピー)を施す親とそれを支援する療育関係者の集まりです。
ABA療育に関心のある方なら、どなたでも参加頂けます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。