FC2ブログ

つみき通信

このブログは、つみきの会の各支部リーダーを始め、理事、事務局スタッフなど、つみきの会の活動を支えるスタッフたちからのお便りをお届けするものです。ぜひ、時々お立ち寄りください。

6/17 神戸定例会の報告


6月17日に行われました神戸定例会の報告をさせていただきます。


藤坂代表、つみきの会事務局の皆様、定例会スタッフの皆様、
NOTIAのセラピストの方々、ボランティアの皆様、そして
ご参加頂いた皆様ありがとうございました。

今回は16家族が参加されました。

■個別指導
今回は3家族が参加されました。

[1家族目]
時制の区別をされました。
おもちゃの包丁で野菜のおもちゃを切るのをお子様に見せて、
未来「(これから)切る」、 現在進行「切ってる」、 過去「切った」
と区別して説明できるか?という課題です。
代表より、
・時制のセラピーなので、「 ”なすび” を切ってる」といった名詞
の正誤は無しにして動詞の時制だけに課題を絞る。
・野菜を切るアクションを派手にして、プロンプトをすこしずつ
減らす。
というアドバイスがありました。


[2家族目]
動作模倣〜音声模倣(単音)をされました。
代表より、
・セラピーの最初、戸惑いが見えたら簡単な課題から始める。
・音声模倣は本人がその時点で出来ない音を続けてやらせない。
・音がずれていても音が出ていたら子供を褒める。
・受容的命名と音声模倣を交互にセラピーすると良い。
というアドバイスがありました。


[3家族目]
動作模倣〜音声指示をされました。
代表より、
・セラピーで模倣させる側の身体が見えやすい様に、机無しで、
動作を模倣させるタイミングですぐプロンプトする。
・音声指示の場合、最初は動作もヒントになるようにセットで
やって、徐々に音声だけでできるようフェードアウトする。
というアドバイスがありました。


■般化訓練
8組のご家族が参加されました。
様々なご家族のセラピーを見て学んだり、情報の交換が出来る 定例会なら
ではの時間です。
「すごーい!」という歓声があがったりして、日常のセラピーを頑張ろう
と改めて思えるのも貴重です。


■集団プログラム
代表の動きでの動作模倣、音に合わせて歩く・止まる、リレー、縄を飛んで
タンバリンを叩く、などをやりました。


■講義「ABAの基本原理」
行動の基本原理 正の強化、負の強化など、と弁別刺激、動機づけ操作に
ついて講義していただきました。
罰については、「セラピーで子供の行動を強く制御(過度に止めたり)する
ことは、その行動の減少にはつながるかもしれないが、セラピー自体が
罰になるので良くない」とのお話がありました。

一所懸命になるあまり、強く指示してセラピー自体の魅力を下げていたかな
と振り返る良い機会となりました。


次回は9月開催を目指しています。


神戸定例会スタッフ 尾藤
スポンサーサイト

【報告】平成29年度第2回神戸定例会(10/22)

各 位 

お世話になっております。
神戸定例会スタッフのYです。
本日、平成29年度第2回神戸定例会を開催させていただきました。
台風の接近に伴う悪天候の中ご出席いただいた藤坂代表、杉本美花様、
関係者の皆様には、心よりお礼申し上げます。
本日の実施内容について、下記のとおりご報告させていただきます。

                記

日 時 平成29年10月22日(日)13:20~16:10 (天気:雨)
場 所 兵庫勤労市民センター2階講習室
出席者 藤坂代表、杉本美花様、NOTIAセラピスト3名、ボランティア9名
    参加者(大人)45名(付添除く)、子供18名

    □参加者(大人)の内訳
  【関係別人数】
      保護者 44(34家族)、療育関係者 1
     【地域別人数】
      兵庫 21、大阪 13、京都 2、滋賀 1、岐阜 1
      岡山 3、香川 1、徳島 1、鹿児島 2
【ABA歴】
      1年未満 49%、1年以上2年未満 12%、2年以上3年未満 18%、3年以上 21%

今回の会は、台風接近のため、集団プログラムを中止にするなど当初の予定を30分短縮する
かたちで実施された。

1.個別指導
 〇1組目(3歳)「『~していい?』に答える」
 (指導内容) 
  代表は、まず、パチパチなどの音声指示ができること、「お名前は?」・「何歳?」・
 「これ何?」などの質問に答えられることを確認し、その次に音声模倣ができることも確
 認した。
 その後、「さわっていい?」など「~していい?」の質問をし、答える前に「いい(いや)」
 と言うプロンプトをするかたちでセラピーを行った。
  最後に、徹底的にこのような試行を繰り返して行うよう指導を行った。

 〇2組目(3歳)「色の命名(緑と黄緑の区別)」
 (指導内容)
  まず、緑+黄緑以外の3色、黄緑+緑以外の3色で色の受容ができていることを確認した。
 次に、緑・黄緑を含んだ4色で色の受容の課題を行った。緑と黄緑の区別ができていなかっ
 たので、指示を出して応える前に正解の色を触るかたちでプロンプトを行った。
 その後、得意な色を加えるのもいいということで緑・黄緑・赤で試行を行った。
 最後に、指示を出す順番を固定し、徐々にランダムに行うようにとの指導を行った。
  また、「オレンジ」を「オンレジ」と言ってしまうなどの相談に対しては、「オタ、オカ、・・・オラ
ンダ・・・」など似た音の組み合わせで模倣の練習をし、徐々に「オレンジ」と言えるようにもって
いくのがいいとのアドバイスを行った。  

2.講演会
 講師:杉本美花様
    「ABAに取り組む日々がわが子の人生をこう変えたー夢をつかんだ診断後9年目の報告」

 [講演内容]※本当に素晴らしい講演でした。簡単な報告で申し訳ございません。
 ・10歳の今、伝えたいこと
 ・ABAで大切にしてきたこと
 ・初期の療育で大事だったと思うこと
 ・あらゆる機会をとらえて数を学習すること
 ・2歳、3歳の頃のABAセラピーの様子について(プロジェクターで投影)
 ・遊びながら言葉を引き出す日々について
 ・就学に向けて大切なこと
 ・普通学級に入級するために必要なこと
  (名前が書けること、お手伝いは特に大切)
 ・就学前の小学校との面談のポイント
 ・就学時、障害を誰かにカミングアウトするかどうかについて
 ・就学後順調だった学校生活が暗転したこと、しかしながら、その後、困難に立ち向かい、
  ABAの実践等により乗り越えていく様子について
 ・教育機会確保法(2017年2月施行)について
   以下が参考になるかもしれません。 
   →(NHK解説委員室)http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/700/263477.html
     この法律には、「休んでもよい」と「学校以外の場の重要性を認めた」という2つのキ
     ーワードがあります。
 ・障害者差別解消法(2016年4月施行)について
   以下が参考になるかもしれません 
   →(内閣府)http://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/sabekai.html
     この法律では、国・都道府県・市町村等や会社等の事業者に合理的配慮の提供をするこ
     とが求められています。
 ・合理的配慮導入の注意事項、合理的配慮の実例について
 ・現在、お子様がプログラミングの分野で素晴らしい才能を発揮していることについて

3.その他
 次回の開催日は未定です。
 来年度以降の新スタッフにつきましては、引き続き、募集受付を行っております。
 ご協力よろしくお願い申し上げます。

岡山市 Y     

【報告】平成29年度第1回神戸定例会(4/9)

各 位

いつもお世話になっております。
神戸定例会スタッフの山崎です。
本日(4/9)、平成29年度第1回神戸定例会を開催させていただきました。
藤坂代表をはじめ、関係者の皆様には、心よりお礼申し上げます。
本日の開催内容につきまして、下記のとおりご報告させていただきます。

               記

(1)定例会の実施内容について

日 時 平成29年4月9日(日)13:20~16:45 (天気:晴)

場 所 兵庫勤労市民センター2階第3会議室

出席者 藤坂代表、NOTIAセラピスト3名、ボランティア5名
    参加者(大人)31名、子供14名


参加者の内訳

1.参加者(大人) 31名

    【関係別】
     保護者 24名(16家族)、療育関係者 7名

    【地域別】
     兵庫 16名(神戸市内 9名、その他 7名)、大阪 3名、京都 3名、
     滋賀 4名、岡山 3名、徳島 2名

    【ABA歴】
     未経験・始めたばかり 37.5%、1年未満 25%、2年以上3年未満 25%、3年以上4年未満 12.5%

    2.子供 14名

    【年齢別】
     2歳 7名、3歳 1名、4歳 2名、5歳 2名、6歳 1名、7歳 1名

1.個別指導

[1組目]
 課題:「色×物」

    まず、藤坂代表から以下のセラピーの基本についてのアドバイスが
    あった。
    ・強化子を複数用意すべき。
    ・強化子を返すのを嫌がっても断固取るべき。
    ・教材を投げるなどふざけた行為をした場合は無視すること。
    ・教材で遊ばせないこと。 
    ・お手つきをさせないこと。 
    ・パターンを読まれているから読まれないように気を付けること。
    そして、この課題のポイントとして、異なる色で同じ物どうし(例
    赤色のコップと黄色のコップ)、同じ色で異なる物どうし(例 
    黄色のコップと黄色の積み木)でマッチングをして、それができる
    ようになってから、色も物も異なる2つの物でマッチングをする
    よう説明があった。

[2組目]
 課題:「着席を嫌がることへの対応」

    藤坂代表が、子供がペンケースに磁石をくっつけることに夢中にな
    っていたり、シャボン玉をとても喜んでいることをうまく利用して
    着席させた。
    着席した後は、マッチング(2種類・3種類)や簡単な動作模倣が
    きちんとできていた。
    藤坂代表から、典型的な自閉症のようにシャボン玉そのものに興味
    を持っているだけというのではなくて、この子の場合は、人(代表)
    が割るということもとても喜んでいる様子なので、そのあたりも強
    化子として利用してはどうかとのアドバイスがあった。

[3組目]
 課題:「パターン模倣」

    複数の色の積み木を見本どおりに重ねたり、並べたりして完成させ
    ることはできていた。
    次に絵を描く方で課題を行ってみた。
    絵を描いたのと同じ方向で見せるとうまく描けるが、反対側から見
    せると、相手の視線をとらえるのが苦手ということで、うまく描け
    ない様子であった。
    藤坂代表からは、家のように認知がしっかりしている絵は反対側か
    ら見せてもうまく描けるので、経験で、反対向きに描いているとい
    うことを分からせるしかないのではないかとの説明があった。

2.般化訓練

 般化訓練参加者10名が4グループに分かれて行った。

3.集団プログラム

 動作模倣、「あたま・かた・ひざ・ポン」などの手遊び、トンネルくぐり
 タッチ・バトンタッチ、絵のマッチング、ボールトスが行われた。

4.藤坂代表による講義
 テーマ:「ロサンジェルス見学報告2017」

 藤坂代表がNOTIAセラピスト数名と2017年2月に一週間、ロサンゼルスを訪
 問し、ABAベアーズのホームセラピーを見学したこと等の報告であった。

(2)感想

今回の定例会は、今まで私が参加した中で最も2歳台の子供を持つ保護者の
参加が多い会でした。
3年前、岡山から当時2歳の息子を連れ、藁をもすがる思いで神戸定例会
に参加したことを思い出しました。
当時の息子は、発語がなく、お椀に積み木を入れる課題がようやくできる
ようになった状態でした。会では、藤坂代表に個別指導をしていただき、
当時のスタッフの方々にも励ましていただき、とても勇気づけられた記憶
があります。
あれから3年、療育初期こそ課題が進まず、本当に苦しみましたが、その
後は、少しずつ成果が出始め、今では息子ができることが随分増えました。
簡単な会話もできるようになっております。
ABAが療育効果の高いことも実感しておりますが、特に息子のような知的
障害がある子にとっては、早期に療育を始めるということが極めて重要だ
ということも身に染みて感じております。
今後、全国に相当数いる発達障害等の子供を持つ保護者のうち、今以上に
多くの保護者が早期に療育を開始できる環境が整って欲しい、そして、
全国のつみきの会の定例会がその一役を担って欲しいと切に願っております。

(3)次回開催日について

平成29年度第2回の開催日は、平成29年10月15日(日)に決定しました。
皆様のご参加をお待ちしております。


神戸定例会スタッフ 山崎

神戸定例会のご報告

続きを読む ≫

2月14日神戸定例会報告



2月14日に行われました神戸定例会の報告をさせていただきます。

藤坂代表、ノティアのセラピストの方々、

そしてボランティアの皆様 ありがとうございました。



当日は22家族、大人31人、子供13人が参加しました。

個別指導は2家族が受けました。

1家族目

発語を促したいという希望でした。

物の受容 → 表出 単語は少し難しいので、

音声模倣を行いました。

何音か出る単音とともに母音を出す必要がある。

少しづつベロを出して、「え」を出させる試みをしました。




2家族目

位置として物の基準、人を基準とした位置(前、後ろ、横、下、上)に挑戦しました。

椅子の後ろとかは子供から離れた場所にあるため、素早いプロンプトが必要、そしてプロンプトを少しづつ減らしていくが

その過程で間違えさせないようにしなければならない。そのやり方を見させていただきました。




般化訓練

11家族が参加しました。

いつも家で行っている課題を皆さんの前で披露しました。

うちの子供は周りの親御さんの歓声や強化子の音が気になって一つの課題を行うのに時間がかかりました。

親としても、いい経験ができたと思います。



集団プログラム

動作模倣や椅子取りゲーム、手をつなごうの手遊び歌を行いました。


講義 上手にセラピーをする7つのコツ

セラピーを行っていくうえでの基本を再確認しました。

特に印象的だったのが、「わかるだろう」ではなく「わからないだろう」から始める。

親の心情として出来るようになって欲しい、から ついプロンプトをバサッと抜いて試してしまい、

子供は失敗して混乱し、親とともにモチベーションが下がり、親も「また教えなおしか」とか「なんで出来ないの」と

イライラする悪循環に陥ってしまいます。



また、「しっかり準備する」

1時間教えるなら1時間準備する。準備する時間がなかったなら30分の時間を、15分は準備する時間とし、あとの15分は課題を行う。とするくらいの方が良い。

みなさんもご承知の通りつみきBOOKを何度も何度も読み込む、教材の作成等準備に時間がかかります。

とかく、今日は1時間セラピーを行った!とセラピーの時間を多くしたくなりますが、

急がば回れですね。



最後に2年間神戸定例会を続けてこれたことに藤坂代表、現神戸スタッフの皆様、ボランティアの皆様、NOTIAセラピストの皆様そして神戸定例会に参加された皆様に感謝申し上げます。

あっと言う間の時間ではありましたが、次藤坂代表にお会いするまでにこの課題を習得しよう、次般化訓練ではこの課題を試みようと日々支えとなった神戸定例会でした。

そしてこれからも息子のできることを一つでも増やすべく、家族で歩んでいこうと思います。



新しい神戸スタッフの皆様、快く手を挙げていただきありがとうございます。

これからも神戸定例会をよろしくお願いします。






神戸スタッフ  伊崎

HomeNext ≫

プロフィール

つみき通信

Author:つみき通信
NPO法人つみきの会は自閉症、広汎性発達障害という障害をもった子どもたちに、ABA早期家庭集中療育(ABAホームセラピー)を施す親とそれを支援する療育関係者の集まりです。
ABA療育に関心のある方なら、どなたでも参加頂けます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR