FC2ブログ

つみき通信

このブログは、つみきの会の各支部リーダーを始め、理事、事務局スタッフなど、つみきの会の活動を支えるスタッフたちからのお便りをお届けするものです。ぜひ、時々お立ち寄りください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸定例会の報告(2018/09/16)


9月16日に行いました神戸定例会の報告を致します。

藤坂代表、つみきの会事務局の皆様、定例会スタッフの皆様、
NOTIAのセラピストの方々、ボランティアの皆様、そしてご参加
頂いた皆様ありがとうございました。

13組のご家族が参加されました。

■個別指導
3組が受けられました。
[1組目]
音声指示で数字を綺麗に書くトレーニングをされていました。
代表より、「(右利きの場合、)お子さんの右横に座り、
手首の形を作るのをプロンプト。具体的には大人の左手
を子供の腋と腕の間から潜り込ませて子供の右手を支える
ように」とのアドバイスがありました。

[2組目]
動作模倣、音声指示、音声模倣(単音)をされていました。
代表より、「(お子さんの)名前を連呼しない方が良い」
と、「音声模倣の場合は、出ている音が期待通りでなくても
強化する方が良い、ただし本人(お子さん)が音が違って
いることを分かっている場合は強化しないで、別の出せる音
に切りかえて強化」とのアドバイスがありました。

[3組目]
マッチング、動作模倣をされていました。
代表より、
「マッチングして欲しい物(つみきやフィギュア)を渡す
位置は机上の選択肢群の中心からやや子供の方の位置で
渡し、ヒントを与えないように。渡す時に選択肢として
置いている物が見えるようにした方が良い」
「動作模倣の『おじぎ』では頭がぶつからないようにしつつ、
相手に向かって頭を下げる練習にする。頭を下げた時に
子供のほっぺとセラピーする側のほっぺが横でくっつく
ような感じで」
とのアドバイスがありました。

■般化訓練
9組が参加されました。
様々なご家族のセラピーを見て学んだり、情報の交換が出来る
定例会ならではの時間です。

■集団プログラム
代表の動きでの動作模倣や手遊び歌、ボランティアさんたちが
作った人間トンネルくぐり、指示に従ってりんごなどを親に
渡す課題などをやりました。

■講義「コンプライアンスとモチベーション」
代表より講義をしていただきました。

ABAセラピーにおいて「大人の指示に従う」ことと「課題への
取り組み姿勢」は十分な学習効果を上げる上で大切。
[コンプライアンス]
・コンプライアンス確立は大切だが、罰は必要ではない
・やさしく、しかし断固としてプロンプトして着席させる
・教材で遊ぶ子はその教材を次回から強化子に使うことを検討
[モチベーション]
・強化子・教材の魅力、課題を楽しくする、時に選択肢を与える
・物の強化子だけでなく、身体強化(腕ブルブルなど)をやって
効果があるならその子の社会性にもつながる
・行動モメンタム 例えば「タッチ」のような確実にやってくれ
る課題を2つ連続してやってから本題の課題に入ると勢いが
ついて答えてくれる可能性が上がる

次回は、2019年 1/24 or 2/27 の開催を目指しています。

神戸定例会スタッフ 尾藤
スポンサーサイト

Home

プロフィール

つみき通信

Author:つみき通信
NPO法人つみきの会は自閉症、広汎性発達障害という障害をもった子どもたちに、ABA早期家庭集中療育(ABAホームセラピー)を施す親とそれを支援する療育関係者の集まりです。
ABA療育に関心のある方なら、どなたでも参加頂けます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。