FC2ブログ

つみき通信

このブログは、つみきの会の各支部リーダーを始め、理事、事務局スタッフなど、つみきの会の活動を支えるスタッフたちからのお便りをお届けするものです。ぜひ、時々お立ち寄りください。

2018年10月15日東京定例会開催報告

2018年10月15日東京定例会を開催いたしました。
今回は35家族、大人52名、子ども11名が参加してくださいました。
そのうち初参加は17家族でした。

【個別指導】
1組目:三音節以上の表出
絵カードを見ながら子どもに表出させているが、しょうぼうしゃ→ぼうしゃ、
しんかんせん→かんせん、となりうまく言えない。
お子さんは、さ行の発音が苦手なので、さ行以外の音から始まる
三音節(バナナやたまごなど)からやってみる。
まず、絵カードの受容ができるかどうか確認する。
しょうぼうしゃは、大人が「しょう、ぼう、しゃ」と発音して音声模倣させる。
しんかんせん→かんせん、と表出しているので大人が「し」だけプロンプトして、
子どもに「しんかんせん」と言わせる。

2組目:身体部位の受容
頭とお腹の弁別ができない。
お子さんは身体部位の受容が苦手だが、動作模倣はできているので、
「あたま」と音声指示を出すと同時に動作模倣のプロンプトをする。
頭は「あたま」、お腹は「おなかポンポン」、膝は「手はおひざ」の
音声指示から始めると、子どもにわかりやすい。

3組目:「ここ」「そこ」、「いる」「ある」の弁別
子どもの近くにトラ、遠くにパンダを置く。「とらどこ?」で子どもが「ここ」と言いながら
近くにあるトラを指差す、「パンダどこ」で「そこ」と遠くにいるパンダを指差す。
この課題はできているが、途中で人形を叩いてあそんでしまい、
質問に答えなくなることがあるので、叩く前に制止すること。
次に、ピカチュウは「いる」、りんごは「ある」と言わせる課題。
(人間、動物、キャラクターは「いる」、無生物は「ある」)
子どもに分かり易くするため、まずは、動物(ペンギン、トラ、パンダ)と
乗り物(車、飛行機、バス)の2種類だけを用意し、「いっしょにして。」と指示を出し、
分類分けできるかを確認する。
分類分けできたら、動物は「いる」、乗り物は「ある」と教えていく。

【般化訓練】
3家族×3グループ=9家族が参加しました。今回、般化訓練・初参加の方は3家族でした。
皆さん、真剣に課題に取り組み、笑顔で強化していらっしゃいました。
見学の方も真剣な眼差しでご覧になっていました。

【集団プログラム】
今回は、動作模倣、手遊び歌、輪になって歩きながら笛が鳴ったら座る・タンバリンを叩いたら逆回転、
ボランティアさんがつくったトンネルくぐり、などをしました。
ボランティアさんが二人一組で向かい合って両手を繋ぎ、地面に腕を付けた状態の上を、
子どもたちが飛び越える(梯子跨ぎのような状態)では、猛スピードで走り抜ける子ども、
慎重に跨ぐ子どもなど、様々な姿が見られました。親も子も、ボランティアさんも楽しく参加しました。
 
【講義】SST(ソーシャルスキルトレーニング)
・教示→モデリング→リハーサル→フィードバックの手順を踏みます。
・モデリングでは、手本を見せる大人の演技力が大切
・悪い手本を見せたあと「どこが悪かった?」と「どうしたらいい?」と質問して子どもに答えさせる
・良い手本を見せたあとに子どもに「マルです」と言わせ、子どもにも実践させる

今回も、実演を交えながらの講義で、大変わかりやすかったです。
藤坂代表がお子さんと取り組まれていたピアトレーニングや、
大阪で行われていたSSTの映像も見せていただけたので、大変勉強になりました。

今回の定例会は、ボランティアさん9名、ノティアセラピストさん3名にご協力いただきました。
大変お世話になりました。ありがとうございました。

次回の東京定例会は2019年1月12日(土)、川崎生涯学習プラザでの開催を予定しております。
皆さまのご参加をお待ちしています。
スポンサーサイト

Home

プロフィール

つみき通信

Author:つみき通信
NPO法人つみきの会は自閉症、広汎性発達障害という障害をもった子どもたちに、ABA早期家庭集中療育(ABAホームセラピー)を施す親とそれを支援する療育関係者の集まりです。
ABA療育に関心のある方なら、どなたでも参加頂けます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR