FC2ブログ

つみき通信

このブログは、つみきの会の各支部リーダーを始め、理事、事務局スタッフなど、つみきの会の活動を支えるスタッフたちからのお便りをお届けするものです。ぜひ、時々お立ち寄りください。

家でパパがセラピー??(゚△゚;ノ)ノ

こんばんは ゆいなパパです(^∇^)ノ

今日で4連休も終わりですね~
gotoキャンペーンのっかって 旅行したひとー??
感染対策しながら 楽しめる人 羨ましー⤴⤴
怖いから 仕事 & ほぼステイホーム 👈 ゆいなパパ
っで コロナ太り とういう結果に...( ̄▽ ̄;)
でも パパが家に居て 良かったこともあるんです!!

↓H29.4.25の発達検査 (ゆいなちゃん 2才9ヵ月)

K式検査H29.4.25

↓R2.7.3の発達検査 (ゆいなちゃん 間もなく6才)

K式検査R2.7.3

百聞は一見に如かず パパが家に居た結果です ガッハッハッハ!!
3年間 趣味をやめ!(全くじゃないけど・・・) 夜飲みに行くのをやめ!(これは完全に
頑張りましたよ 泣くほど( ノД`)シクシク… 5kg増えましたが…

さて 結果を出すには どこをどう頑張るか ですよね?
その道しるべとなったのが

 ☆ つみきプログラム ☆

間違いありません!!これです!!

検査した 臨床心理士さんが 数値の伸びに ビックリしてましたよΣ(゚Д゚)
ド田舎には ot、stくらいしか 無いので...

っで どうして道しるべか って言うと
何歳で 何を教えればいいのか ちゃんと書いてあるんですよね(セラピーされている方は知っての通り)
ふつう 園児に 何歳で 何を教えればいいのかなんて 分かりませんよね(保育士さん以外は💦)
小学校に入れば 何年生で〇〇だな~ っとかは ぼんや~り 思いつきますが。

つみきプログラム 難しくない が 良かったのかな。
ゆいなパパは 平凡な高卒(有名校とかではなく普通の高校)ですからw
これならできる!!って感じで 始めちゃいましたw 

しまった・・・パパのホームセラピーに辿り着けなかった…(。-人-。) ゴメンネ

次回こそ書きます ゆいなパパのホームセラピー 
それでは今日はこの辺で('ω')ノ  




スポンサーサイト



~ABAとの出会い~ PART2

こんばんは ゆいなパパです(^∇^)ノ


コロナウィルス せっかくおさまって来たと 思ったのに

また 感染者が増えてきましたね...

自閉っこにとって 一番重要で 一番難しいともいえる

コミュニケーションスキル

教えるハードルが 上がりましたねぇ・゚・(つД`)・゚・

でも コロナ禍だろうが なんだろうが 子どもが元気なかぎり

療育は つづけないと・・・

セラピストさんと会えないし 療育園も休園

こんなことになったら やっぱり 

親が頑張らないと!!

って 最近つくづく思います。

余談が 長くなりそうなので これくらいにして


   ~ABAとの出会い~ PART2

代表のセラピーが始まりました。

最初のうちは

「なんじゃこりゃ? これがABA? お椀へ ツミキ入れてるだけやん!!

ハガイジメまでして...鼻水とよだれ たれ流しで

ぎゃんぎゃん泣いてるんですけど...

それでも 無理矢理 やるか... この先生 ハンパねぇな(T_T)

と思っていたのが 

お椀・ツミキ(代表) → 解放(ママの抱っこ) 

を始めて 20分くらいで

なんと! じぶんで歩いて 代表のひざに座りに

行くではありませんか!!


「さっきまで あれほど 怖がって ママにしがみついてたのに...

チョー不思議(゚д゚)?

と思い さらに見てると

今度は ニコニコしながら 代表と遊んでるじゃありませんか!!

楽しそうにお椀・ツミキもやってる!!

そして  ママのところへ帰らなくなったんですΣ(゚□゚(゚□゚*) 

このとき 私は確信しました。

「これこれこれーーー!!これならイケる!!」と。

鎖された闇に 希望の光が 射しました。

と まぁ こんなわけで 私と娘のABAライフが始まりました(*´∀`人 ♪


次回  家でパパがセラピー??(゚△゚;ノ)ノ  につづく













~ABAとの出会い~ PART1

はじめまして(^∇^)ノ

 ゆいなパパ と申します。
うちには6才と4才のがいまして もちろん 二人とも自閉っこです。

「ABAってなんやねん??」
「療育??・・・ん~・・・さっぱり分からん・・・」

という頭しかなかったパパ(←私)が
なぜかABAを始め  なぜか成果が出た ので。。。
その日々についてセキララに書いていこうと思います。
ちょいちょい更新するんで 暇があれば覗いてください(*´∀`人 ♪
ちなみに 拍手 を クリック されたら すごく強化されます(*≧∪≦)

というわけで まずは

   ~ABAとの出会い~ PART1

ゆいな(長女)が 自閉症スペクトラムと診断されたのは 2才10ヵ月の頃
しかも おまけつきΣ(ω |||)
学習障害 ADHD という病名まで...
地元では有名な小児精神科からの診断でした。

まぁ 通りで
 呼んでも来ないし・・・自己中だし・・・
 パパとママさえ覚えられない・・・
 スイミングスクールでは 泳がず プールに物を投げ込むばかり( ノД`)
 (お!ビート板投げるの上手くなってるやん!フリスビーみたい!って…おいおい…ちゃんと泳げ。)
といった感じでした。

今でこそ こんなふうに書けますが このときは もうショックで...ショックで...寝込みそうでした。
(寝込んだことないやん!!←たった今、妻に盗み見され 突っ込みが入りました(T_T)

しかし 諦めの悪いパパはいろいろ調べました。
ふつう 調べれば調べるほど 良いことが見つかって 安心していく と思いきや (ノ_<)
自閉については 知れば知るほど 不安はふくらむばかり...
結局 ど~すりゃいいんだ...となってしまい
とりあえず 担当医から勧められた 月2回のOT(作業療法)から始めるようになりました。

OTの先生は 優しくて感じのイイ先生 なのですが(べっぴんだし)
月2回これを受けるだけじゃ~ 治るわけないな...(´・_・`)
と思った私は、手あたりしだい病院を探すことにしました。

そして それが なんとイキナリ大当たり!! 
たまたま 行った近くの病院に ABAセラピストさん(←私の恩師です)が居られ たまたま 代表(←恩師の恩師だから神です)のコンサル予約を取ることができたんです。
このとき 私は まだABAの存在すら知りませんでしたが。

コンサル当日 3才2ヵ月になった ゆいなちゃん 病院のなかをニコニコしながら歩きます♪(´ω`人)
はい こちらで~す と言われて入った さっぷうけいな部屋。そこには 子ども用の机と椅子があるだけ。
何するんかなぁ?? と 思いつつ 代表とのお話は進んでいきました。
子どもの状態を伝え、それを聞いてもらう、とここまでは どこの病院も一緒、と思っていた矢先...

ABAセラピーが始まり 時間がたつにつれ
えー うっそー ((((;゚Д゚)))))))
これマジック?  うちの子が。。。 有り得ん。。。

と信じられない光景が目に飛び込んできました。

このつづきは 次回 PART2 で
 
 

Home

プロフィール

つみき通信

Author:つみき通信
NPO法人つみきの会は自閉症、広汎性発達障害という障害をもった子どもたちに、ABA早期家庭集中療育(ABAホームセラピー)を施す親とそれを支援する療育関係者の集まりです。
ABA療育に関心のある方なら、どなたでも参加頂けます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR