FC2ブログ

つみき通信

このブログは、つみきの会の各支部リーダーを始め、理事、事務局スタッフなど、つみきの会の活動を支えるスタッフたちからのお便りをお届けするものです。ぜひ、時々お立ち寄りください。

カリフォルニア州のABAの現状

つみきの会は、11月3日にABA公費化を目指す親の会と共催で、「歩こう話そうよこはま2020」をオンライン開催しました。

その際、ロスアンジェルスに拠点を置く親の会JSPACCの日本支部代表でいらっしゃる吉山るり子さんに、カリフォルニア州のABAの現状について、貴重なお話を伺うことができました。

その後、吉山さんに内容確認したうえで、この場で情報をシェアさせていただくことに了解を得ましたので、ポイントを箇条書きでご紹介させていただきます。

<カリフォルニア州のABAの現状について>

・スーパーバイザーはBCBAのライセンスを持たなくてはならない。

・セラピストはRBT(Registered Behavior Technician)の資格が必要。

・大人でもABAのサービスを受けられる。

・セラピーの時間の出し惜しみをしない。1週間に35時間のサービスを貰っている子たちも普通にいる。ただしあまり成果が出ない場合は、1、2年で打ち切りになることもある。

・テレヘルスZOOMを通してのサービスをインシュランス(民間医療保険)会社とリージョナルセンターが認めた。2020年3月からスタートした。

・セラピストがエッセンシャルワーカーとして医者と同じく生活に必要な専門家として、ロックダウン後の家庭に勤務できるようになった。

・インシュランス会社がペアレントトレーニングの時間を上限なしで増やした。

・インシュランス会社がABAセラピストにオンライン授業でアカデミックなことのサポートをして良いと認めた。医療上の理由として先生のサポートをすることができるようになった。


以上です。特に現在でも週35時間のサービスをもらっている子どもたちがたくさんいる、という情報は、私たちにとって大変励みになりました。

また、吉山さんのお子さんが3才当時(2000年)、州から提供されたサービスについても改めて詳しく教えてくださいました。

※息子さんが3歳時に、学校区とリージョナルセンターから認められたサービスについて

・学校区から(academicに関するサービスを提供)

・自閉症児のためのプリスクール (週5日)8時から13時まで

・送迎バス

個別プランとして

・スピーチセラピー週2回30分ずつ(1:1)

・オキュペーショナルセラピー週2回50分ずつ(1:1)

  1回はプリスクール内にてファインモータ(微細動作)スキルの訓練

  1回はオキュペーショナルセンターに行ってグロスモーター(粗大動作)スキルの訓練

    センソリーインテグレーション(感覚統合)の訓練。

・DTT

  プリスクール終了後、毎日2時間セラピストが自宅にてセラピー。週10時間。



リージョナルセンターから (障がい者と家族が必要とする生活面に関してのサービスを提供。)

・リスピットケアー (親を休ませるためのサービス)月36時間

・ベヘイバーセラピー(行動療法) 自宅にて 週2回 2時間

・ミュージックセラピー 自宅にて 週1回 2時間


以上です。吉山さん、ありがとうございました。

藤坂龍司
スポンサーサイト



パパのホームセラピー

こんにちは ゆいなパパです。
今日は 初期課題について 書こうと思います。

着席が なんとか5分くらい できるようになったゆいなちゃん(3歳3ヶ月)。

~マッチング~
まずは マッチングから。テーブルの上にある物と 手渡した物 同じ物どうし同じ場所に置かせる という課題です。簡単にいうと 物を区別させるスキルですね。さっそくパパは 教材収集にかかりました。最初は 3Dでマッチングさせようと 動物・乗り物・くだもの・野菜・アニメなどのフィギュアを 買い物カゴいっぱいになるくらい 買いました。ライオンを2つ バナナを2つ アンパンマンも2つ・・・ という感じで。よ~し やるぞ~!!っと パパは気合十分 なぜか買うと やらなきゃ!って モチベーションUPしますよね。だから パパはなんでも よく買っちゃいます。でも あんまり調子に乗ると 嫁がねずこ(鬼滅の刃)みたいに 鬼に変身します・・・ ま それは置いといて・・・。教材が揃ったところで マッチングの開始です。最初は 同じ物がどれか 選ばせるのでなく 「一緒にして~」 と言われたら どうするか?ってことを 教えました。 最初はやっぱこれ! 重ね易い お椀とつみきを使いました。 お椀をテーブルの真ん中に置いて もう一つのお椀をゆいなちゃんに渡しながら 「一緒にして~」 というやり方です。機嫌は上々 でも 何をしていいか 分からないんでしょうね~(´・_・`) 真っ先に オウム返しの嵐が来ました… パパが 「一緒にして~」 というと ゆいなちゃんも 「いっしょしてー!!いしょー!!いしょー!!キャアー!!」 と笑顔で返してきます。┐(´д`)┌ヤレヤレ。「一緒してー って言われたら これ(お椀)をここに置くの!」 と このときは細かい説明を加えてしまい それが分かってくれないんで ついつい 「もう!ここだって!アホー!!」 と吐き出すこともよくありました。 当然 「アフォー!アフォー!」 とオウム返しで反撃されますが(T_T) 後になって 先生方に教えてもらい 分かったことですが シンプルイズベスト あ~じゃこ~じゃ 言葉で説明するより 短い言葉で指示して MAXで答えへ誘導する(フルプロンプト)ところから 徐々にプロンプトをフェーディングしていく という教え方でした。でも このときは それを知らないので とにかく怒るのを我慢して 先生のセラピーを見よう見まねでやっていました。「一緒にしてー」と 同時にゆいなちゃんの手を持ち  お椀を重ねさせ 出来させてご褒美(強化子)のお菓子をあげる。つみきも同様。これを毎日やってたら 凄いものです。1週間もしないうちに「一緒にして-」の指示だけで 上へ重ねるようになったんです。つみきを投げたり 口に入れたり お椀で机を叩いたり いろいろありましたが 結果はGOOD 次のステップへ進みました。今度は 机の上に2つの物を置いて それを区別させるステップですね。一緒にするということが 理解できるようになったので 上手く進むかな!?と思いきや...相手は強敵...一難去ってまた一難です...

次 回 へ つ づ く

Home

プロフィール

つみき通信

Author:つみき通信
NPO法人つみきの会は自閉症、広汎性発達障害という障害をもった子どもたちに、ABA早期家庭集中療育(ABAホームセラピー)を施す親とそれを支援する療育関係者の集まりです。
ABA療育に関心のある方なら、どなたでも参加頂けます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR