FC2ブログ

つみき通信

このブログは、つみきの会の各支部リーダーを始め、理事、事務局スタッフなど、つみきの会の活動を支えるスタッフたちからのお便りをお届けするものです。ぜひ、時々お立ち寄りください。

卒業メッセージ(Mさん)

3月で退会されたMさんから卒業メッセージをいただきましたので、掲載させていただきます。Mさん、ありがとうございます。(藤坂)

***

息子は小学校で普通級に入り(最初は付添いと言われましたが、入学式の様子を見て、なしでよいと言われました)、

1年の3学期から情緒通級に週1回に通い、来年度から東京都の方針で自校のサポートルーム週2時間に移行します。

グループ学習で意見の言い方や譲ること、授業以外の時間の過ごし方ふるまい方を身につけ、体育でバランス運動を教わって

成長しました。


入学当初は、ABAの教え方のように1事項に対して1つの答え、に直して教えなければわからないかと思っていましたが、

小学校になるとそれでは無理で、普通の教え方にせざるを得ませんでした。

それまでのABAで知識のネットワークができてきていたのか、かなり理解できました。

わからない所はスモールステップで教える、1つの項目が終わったらごほうびで休憩するなど、今でもABAの基本は取り入れています。

3年生から、復習は自分の力でする、予習は教材を利用してできるだけ自分で取り組めるように頑張っています。

3歳から毎日勉強の習慣がついているので、旅行にも勉強道具を持って行きます。

小学校でも英語教育が始まり、3年生で月1~2回は英語の時間があります。

2年生からハーフの先生に家庭教師に来て頂き、発音、ヒアリング、書くを教わって、

やめたいと言う事もありますが、先生の対応がABA的で、待つタイミング、教えるタイミングが鋭く、

記憶ができてきましたね、と言われました。

学校の英語ボランティアに入って時々見ていますが、ゲーム形式の授業についていけています。

サ行の発音がタ行になってしまう所は、3年生に入って直させるとかなり言えるようになってきました。

国語の音読が早口になってしまい、後について読む、が苦手。目で字を追うスピードと同じに発音してしまうのでは、と想像しました。

句読点以外の息継ぎがわからないからかな、と思いつき、発表原稿の息継ぎの所に赤横線を引き、そこで止まるように言ってみたら、別人のように上手に読むことができました。

本番でも棒で表をさしながら、上手に言えて拍手をもらったそうです。


長くなりました。これからもABAを軸に日々頑張って行きます。

つみきの会の御発展をお祈りしております。
スポンサーサイト

≪ 4月3日 新潟定例会が開催されましたホーム4月2日㈯「NPO法人つみきの会・繭合同 埼玉定例会報告」 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

つみき通信

Author:つみき通信
NPO法人つみきの会は自閉症、広汎性発達障害という障害をもった子どもたちに、ABA早期家庭集中療育(ABAホームセラピー)を施す親とそれを支援する療育関係者の集まりです。
ABA療育に関心のある方なら、どなたでも参加頂けます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR