つみき通信

このブログは、つみきの会の各支部リーダーを始め、理事、事務局スタッフなど、つみきの会の活動を支えるスタッフたちからのお便りをお届けするものです。ぜひ、時々お立ち寄りください。

ABA支援者養成講座2016(東京)

支援者養成講座2016
きょうは今年初めて東京で開催したつみきの会主催ABA支援者養成講座の二日目でした。


昨日の初日は、午前中、エントリー試験を行いました。参加申込者に事前にお送りしたテキストについて、その理解を問うもので、これに合格点を取らないと、午後からの講習に参加できません。

毎回、何人かの不合格者が出るのですが、今年も一人の方が残念ながら合格点に達せず、お帰りになりました。

午後から、残った10人の参加者と講師の私(藤坂)、スタッフのNOTIAセラピスト3名で、熱い講習が始まりました。

一日目午後はABAの基本原理と問題行動の対処法について私がレクチャーしました。5時で昼の部を終えて、みんなで近所のジョナサンにお茶を飲みに行きました。6時から夜の部なのですが、ジョナサンでの話が盛り上がり、私が声をかけないと、そのままジョナサンで終わってしまいそうな勢いでした。

夜も問題行動についての話を続けましたが、途中、いろんな方向に話が脱線したので、最後までしゃべれないうちに8時になってしまいました。

きょうは二日目。朝10時スタートで、午前中はディスクリートトライアルの教え方のポイントについて私が講義しました。写真はその時の様子です。

ただしゃべるだけでなく、スタッフのセラピスト相手に実演しながらの講義だったので、これまた時間が足りなくなってしまいました。

お昼ご飯を挟んで、午後はいよいよつみきの会の会員のお子さん二人に来ていただき、みんなでセラピー体験をしました。動作模倣やマッチング、といったお子さんの得意な初期課題を使って、一人3試行くらいずつ、順番にセラピーして行きました。最初は皆さん、うまく行かなくて私に注意されたりしていましたが、徐々にコツをつかまれて、最後の頃は皆さん、かなり上手になっていました。

5時からは昨日に続きジョナサンで、再び話が盛り上がりました。どうも、講習会とこのお茶会のどっちがメインなのか、わからなくなってきたりします。

この時のお茶会で同席した参加者の一人(女性)から、自分の勤めている放課後デイで、利用者からひどい暴力を受けて悩んでいる、という相談を受けたので、夜は急きょ、そういうときの対処法を話し合うことにしました。

するとうまいことに、参加者の中に合気道をやっておられる男性の方がいたので、その人に女性でもできるような、相手の攻撃をかわす術を教えてもらいました。ABA講習会のはずが、にわか合気道道場に早変わりしてしまいました。
まず私が暴漢になり、その方に殴りかかるのですが、その方の手にかかるとあっという間に私の体が浮くほどで、すごい威力だと思いました。

次にその悩んでいる女性の方にその術を練習してもらったのですが、なかなかうまく行きません。そこでもう少し簡単なパンチかわし術を教えてもらいました。これはパンチを片手でかわしながら、もう片方の手を攻撃者の顔の前に突き出して、視界を遮る、という方法ですが、確かにそうされると、攻撃役の私もとっさにひるむので、いい方法だと思いました。何度か練習して、その方も上手になりました。職場でうまく使えるといいのですが。

そのあとは講義に戻って、ディスクリートトライアル(DTT)に並ぶABAのもう一つの大きな流れ、ナチュラリスティックアプローチについて説明しました。

そうそう、それから昨年度のOBの方に、職場の支援学校でABAを実践した報告をしてもらいました。私の予想以上に効果的なようで(その方の用い方もうまいのだと思います)、私自身、びっくりしてしまいました。明日も報告の続きをしてもらいます。

明日は最終日で、午後は筆記と実技の修了試験があります。あっという間の三日間になりそうです。

藤坂
スポンサーサイト

≪ 9月3日㈯「NPO法人つみきの会・繭合同 埼玉定例会報告」ホーム7月3日 新潟定例会が開催されました ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

つみき通信

Author:つみき通信
NPO法人つみきの会は自閉症、広汎性発達障害という障害をもった子どもたちに、ABA早期家庭集中療育(ABAホームセラピー)を施す親とそれを支援する療育関係者の集まりです。
ABA療育に関心のある方なら、どなたでも参加頂けます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR