つみき通信

このブログは、つみきの会の各支部リーダーを始め、理事、事務局スタッフなど、つみきの会の活動を支えるスタッフたちからのお便りをお届けするものです。ぜひ、時々お立ち寄りください。

9月3日㈯「NPO法人つみきの会・繭合同 埼玉定例会報告」

会員の皆様


埼玉スタッフの山口です。9月3日㈯「NPO法人つみきの会・繭(まゆ)合同 埼玉定例会」が行われましたので、報告いたします。

遠方よりお越しいただいた藤坂代表、ご協力いただいた繭の皆様、スタッフ、託児ボランティアさん、有難うございました。

今回は、他の会と同日開催という事もあり、30名弱と、通常の定例会よりも人数は少なめでしたが、ハプニングなどもあり、中国語が飛び交ったりと、バイリンガルで?!有意義な会となりました。


●個別指導
1)音声模倣 

「な・ば・だ」の単音模倣の区別が難しい。何度も、同じ音を言わせようとして、失敗させない。難しい場合は、得意な音を一度出させて、成功させる。また、連続音の「まんま」「ねんね」などの方が出やすい場合もあるので、こちらから取り組むと良い事もある。

2)音声模倣、色の受容

音声模倣は、一音で区別できるから、一音で区別できるとは限らない。例えば、「つき、つま、むり、むら」など2音でも確実に区別できているか、確認する事。
3)動作模倣

*中国の方で、まだABAを始めたばかりとの事でしたが、代表が「中国語話せるから大丈夫。動作模倣なら言葉の違いは問題ない。」と言ってくださり、また埼玉スタッフにも、中国語が話せる方がおり、通訳をされてセラピーを開始しました。お子さんが、強化子のシャボン玉に食いつく様子がとても印象的でした。
●般化訓練 
●集団プログラム
手遊び歌や、トンネルくぐり、絵本の読み聞かせなど。
●代表の講義「数の教え方」

まず初めに代表から、「自閉症のお子さんに、数を教えて役にたつのか?日常に必要なお金の数え方、簡単な買い物だけできればいいのでは?」など言われる親御さんもおられるが、子供にとっては、小学校にあがれば、学校が社会のすべてとなり、学校という社会では、数がわかれば、その子の自信に繋がる。その自信が‟自己肯定感”に繋がるので、とても大切な事だとお話されました。

<数唱を教える時の注意>数の概念を教える時に、数唱だけ教えてしまう家族や、幼稚園が多いが、10まで数えることを強化しすぎると、8個しかないものでも、10まで数えたくなってしまい、理解させるのが難しい。まずは、1から3までの数の区別から教え、紙の上に1個のつみきを置き、もう一枚の紙の上に2個の積木を置き、「いち」と言って1個の積木を、「に」と言って2個の積木全部を触らせるところから始める。この時、2個の積木の2個目を触るお子さんは注意が必要。数唱から覚えたお子さんなど、2個を2個全部だと思っておらず、2番目のものと思っている場合もある。

その他、足し算や引き算の教え方など、教えて頂きました。




今回は若かりし頃の代表が、実際にご自身のお子さんに教えている貴重な映像を交えて、細かく教えていただき、藤坂代表のお父さんとしての姿が見え隠れし、ほっこりと和む場面が沢山ありました。また、この頃から今まで、数多くのお子さんを指導され、この子には、こうやって教えたほうが良いのでは?と、どうしたらこの子に理解してもらえるか、何度も何度も試行錯誤を重ねられている代表の姿を感じ、私も頑張らねばと、力をもらいました。




定例会は、代表がセラピーをしているところが実際に見れるので貴重な場です。本を読んだだけではわからない小ワザが、沢山でてきます。例えば強化子を出すタイミング、下げるタイミング。音声模倣の時のセラピストの発音の仕方。この音は混同しやすいから、ここはもっと優しく発音する。数を教える時の仕草の1つ、1つ。ここは、こんなふうに指をひっかけてなど。私は以前、文字の教え方をご指導いただいた事がありますが、ついつい右手を普通に持って教えがちですが、代表は手をとって教える時も、決して強引ではなく、どうしたら不快感が少なく、動きを誘導できるか、非常にソフトな教え方をご指導くださいました。このような経験が出来る会でもありますので 、是非 皆さん、 お近くの定例会へご参加下さい。


次回は、1月7日(土)を予定しております。よろしくお願い致します。


山口
スポンサーサイト

≪ GAPホームABA支援者養成講座2016(東京) ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

つみき通信

Author:つみき通信
NPO法人つみきの会は自閉症、広汎性発達障害という障害をもった子どもたちに、ABA早期家庭集中療育(ABAホームセラピー)を施す親とそれを支援する療育関係者の集まりです。
ABA療育に関心のある方なら、どなたでも参加頂けます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR