つみき通信

このブログは、つみきの会の各支部リーダーを始め、理事、事務局スタッフなど、つみきの会の活動を支えるスタッフたちからのお便りをお届けするものです。ぜひ、時々お立ち寄りください。

卒業メッセ-ジ(aoさん)



昨年のこの時期に引き続き、今年も早期療育からの「卒業メッセージ」を会員に募ったところ、aoさんが以下のメッセージを寄せて下さいました。紹介します。(藤坂)

***

まだ卒業しませんが、つみきの会のABA早期療育の結果、自閉症の症状改善が見られたので報告したいと思います。つみきの会には感謝の気持ちでいっぱいです。どなたかの参考になれば幸いです。

息子は1歳半の健診までは、愛嬌が良く、言葉も5つくらい話していました。ところが、徐々に言葉が消えていき、発達が後退し始め、一人遊びが増え、目線も合いにくく、笑顔が消えていきました。1歳7ヶ月の時、当時の保育園の担任から、「最近ちょっと気になります」と呼び止められ、息子をよく観察すると、言われてみれば言葉も増えないけどまだ幼いし、お兄ちゃんもそんなに早く喋ったほうじゃないしとまさか障害なんて考えもしませんでした。しかし、その時、保育園の先生に指摘された事がとてもショックですぐに市の発達相談の診察を申し込みました。早くても2ヶ月後の診察と言われ、それまでに喋るようになればいいやと言う気持ちでした。しかし、2歳が近づいても、言葉も増えず、表情も硬いままで、クレーンハンドや奇声を発するようになってきました。インターネットで調べると、折れ線型自閉症という言葉を見た時、あまりにも息子の経過に似ており鳥肌が立つほどショックを受けました。そして、発達検査にて軽度精神遅滞と自閉症スペクトラム疑いという診断をうけました。

私はそれから必死にインターネットや本で自閉症について調べるうちに「つみきの会」に出会いました。つみきの会に入会しようと思ったきっかけは、自閉症を治そう、小学校普通級に入れる可能性を示してあるところでした。親の障害の受容を求めるような本や先生は私を不安にさせるだけでした。私は看護師をしており、時々奇跡的に回復する患者さんをみてきました。医学的には障害が残るはずなのに、全く残らなかった患者さんにもたずさわりました。なので、私が絶対息子を治してやる!という強い気持ちを持っていました。2歳1ヶ月からつみきプログラムを元にフォーマルセラピーを始めましたが、2歳上の兄がいて全く思うように進みませんでした。仕事を短時間に変え、何とか次男と2人っきりの時間を作りセラピーを始めました。すると、二ヶ月で単語の表出が増えだし、ついに「お母さん」と言ってくれました。セラピーに息詰まる度に、つみきの会に投稿し、様々な方からアドバイスを受けました。最寄の定例会に出席したり、代表のコンサルを時々受けると悩んでいた事に答えをくれて、毎回晴れやかな気分で帰っていきました。息子は一応月に2回、市の障害福祉センターで療育を受けていました。ABAではないのですがゆっくりとした療育で、4つ課題をして後はおもちゃで遊ぶという感じのところでした。息子はそれなりに楽しんでいましたが、私的にはとてもペースがゆっくりで、年長までに良くなればという考えが受け入れられず、発達検査も年に一度であまり意味のあるものではありませんでした。保育園に通っていたので1.2歳児クラスの時は様々な問題行動がありました。特定の音に泣いたり、園長先生の話を黙って聞く事が出来なかったり、列に並ぶ事が出来なかったり、独り言を言ったり、他にも次から次へといたちごっこのように問題行動だらけでした。市の療育でこれらの問題行動を相談しますが、全くアドバイスはくれませんでした。しかし、つみきの会のメーリングリストに投稿すると必ず先輩方や代表がアドバイスをくれて、一つ一つ問題行動をなくしていきました。

息子は言葉を知ってから、表情が大きく変わりました。目線をそらすことも無く、いつもニコニコ笑って、勉強が大好きになりました。2歳上の兄がいていつも真似をするようになったことも大きかったと思います。言葉を話すようになっても会話ができるようになるまでは、つみきの会で相談しながら苦労はしましたが三歳から会話が成立し、現在四歳ですが全く定型発達の同級生と言語力、社会性も変わらないと自信持って言えるように成長しました。年少になると1番苦手だった運動会、お遊戯会などの行事でちゃんと皆と変わらずできるようになりました。以前は先生がいつでも援助できるよう端っこの事が多かったのですが、最近のお遊戯会、音楽発表会では前列中央で堂々としていました。毎日楽しそうに友達や兄と遊び、休日も毎週お友達が家に遊びに来たり、息子も友達の家に遊びに行ったりして私も随分と楽になりました。もう一年以上セラピーを行っていませんが息子は成長し続けています。最近妹も出来て、とても可愛がりさらにお兄ちゃんとして成長しています。

ABAをして一年で知的に正常になりその後、友達とも問題なく遊べているので市の療育も行かなくてよくなりました。しかし、今から年中、年長と求められる事は増えるため卒業はまだしません。どちらかというとアカデミックな事が苦手なのでコツコツとセラピーを行っていきたいと思います。つみきの会に出会わなければ今の息子の姿はなかったと思います。感謝の気持ちでいっぱいです。

会員 aoより
スポンサーサイト

≪ 卒業メッセージ(Mのママさん)ホーム2/26広島定例会のご報告 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

つみき通信

Author:つみき通信
NPO法人つみきの会は自閉症、広汎性発達障害という障害をもった子どもたちに、ABA早期家庭集中療育(ABAホームセラピー)を施す親とそれを支援する療育関係者の集まりです。
ABA療育に関心のある方なら、どなたでも参加頂けます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR