つみき通信

このブログは、つみきの会の各支部リーダーを始め、理事、事務局スタッフなど、つみきの会の活動を支えるスタッフたちからのお便りをお届けするものです。ぜひ、時々お立ち寄りください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【報告】平成29年度第1回神戸定例会(4/9)

各 位

いつもお世話になっております。
神戸定例会スタッフの山崎です。
本日(4/9)、平成29年度第1回神戸定例会を開催させていただきました。
藤坂代表をはじめ、関係者の皆様には、心よりお礼申し上げます。
本日の開催内容につきまして、下記のとおりご報告させていただきます。

               記

(1)定例会の実施内容について

日 時 平成29年4月9日(日)13:20~16:45 (天気:晴)

場 所 兵庫勤労市民センター2階第3会議室

出席者 藤坂代表、NOTIAセラピスト3名、ボランティア5名
    参加者(大人)31名、子供14名


参加者の内訳

1.参加者(大人) 31名

    【関係別】
     保護者 24名(16家族)、療育関係者 7名

    【地域別】
     兵庫 16名(神戸市内 9名、その他 7名)、大阪 3名、京都 3名、
     滋賀 4名、岡山 3名、徳島 2名

    【ABA歴】
     未経験・始めたばかり 37.5%、1年未満 25%、2年以上3年未満 25%、3年以上4年未満 12.5%

    2.子供 14名

    【年齢別】
     2歳 7名、3歳 1名、4歳 2名、5歳 2名、6歳 1名、7歳 1名

1.個別指導

[1組目]
 課題:「色×物」

    まず、藤坂代表から以下のセラピーの基本についてのアドバイスが
    あった。
    ・強化子を複数用意すべき。
    ・強化子を返すのを嫌がっても断固取るべき。
    ・教材を投げるなどふざけた行為をした場合は無視すること。
    ・教材で遊ばせないこと。 
    ・お手つきをさせないこと。 
    ・パターンを読まれているから読まれないように気を付けること。
    そして、この課題のポイントとして、異なる色で同じ物どうし(例
    赤色のコップと黄色のコップ)、同じ色で異なる物どうし(例 
    黄色のコップと黄色の積み木)でマッチングをして、それができる
    ようになってから、色も物も異なる2つの物でマッチングをする
    よう説明があった。

[2組目]
 課題:「着席を嫌がることへの対応」

    藤坂代表が、子供がペンケースに磁石をくっつけることに夢中にな
    っていたり、シャボン玉をとても喜んでいることをうまく利用して
    着席させた。
    着席した後は、マッチング(2種類・3種類)や簡単な動作模倣が
    きちんとできていた。
    藤坂代表から、典型的な自閉症のようにシャボン玉そのものに興味
    を持っているだけというのではなくて、この子の場合は、人(代表)
    が割るということもとても喜んでいる様子なので、そのあたりも強
    化子として利用してはどうかとのアドバイスがあった。

[3組目]
 課題:「パターン模倣」

    複数の色の積み木を見本どおりに重ねたり、並べたりして完成させ
    ることはできていた。
    次に絵を描く方で課題を行ってみた。
    絵を描いたのと同じ方向で見せるとうまく描けるが、反対側から見
    せると、相手の視線をとらえるのが苦手ということで、うまく描け
    ない様子であった。
    藤坂代表からは、家のように認知がしっかりしている絵は反対側か
    ら見せてもうまく描けるので、経験で、反対向きに描いているとい
    うことを分からせるしかないのではないかとの説明があった。

2.般化訓練

 般化訓練参加者10名が4グループに分かれて行った。

3.集団プログラム

 動作模倣、「あたま・かた・ひざ・ポン」などの手遊び、トンネルくぐり
 タッチ・バトンタッチ、絵のマッチング、ボールトスが行われた。

4.藤坂代表による講義
 テーマ:「ロサンジェルス見学報告2017」

 藤坂代表がNOTIAセラピスト数名と2017年2月に一週間、ロサンゼルスを訪
 問し、ABAベアーズのホームセラピーを見学したこと等の報告であった。

(2)感想

今回の定例会は、今まで私が参加した中で最も2歳台の子供を持つ保護者の
参加が多い会でした。
3年前、岡山から当時2歳の息子を連れ、藁をもすがる思いで神戸定例会
に参加したことを思い出しました。
当時の息子は、発語がなく、お椀に積み木を入れる課題がようやくできる
ようになった状態でした。会では、藤坂代表に個別指導をしていただき、
当時のスタッフの方々にも励ましていただき、とても勇気づけられた記憶
があります。
あれから3年、療育初期こそ課題が進まず、本当に苦しみましたが、その
後は、少しずつ成果が出始め、今では息子ができることが随分増えました。
簡単な会話もできるようになっております。
ABAが療育効果の高いことも実感しておりますが、特に息子のような知的
障害がある子にとっては、早期に療育を始めるということが極めて重要だ
ということも身に染みて感じております。
今後、全国に相当数いる発達障害等の子供を持つ保護者のうち、今以上に
多くの保護者が早期に療育を開始できる環境が整って欲しい、そして、
全国のつみきの会の定例会がその一役を担って欲しいと切に願っております。

(3)次回開催日について

平成29年度第2回の開催日は、平成29年10月15日(日)に決定しました。
皆様のご参加をお待ちしております。


神戸定例会スタッフ 山崎
スポンサーサイト

≪ 3/26 新潟定例会のご報告ホーム卒業メッセージ(まーくん) ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

つみき通信

Author:つみき通信
NPO法人つみきの会は自閉症、広汎性発達障害という障害をもった子どもたちに、ABA早期家庭集中療育(ABAホームセラピー)を施す親とそれを支援する療育関係者の集まりです。
ABA療育に関心のある方なら、どなたでも参加頂けます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。