つみき通信

このブログは、つみきの会の各支部リーダーを始め、理事、事務局スタッフなど、つみきの会の活動を支えるスタッフたちからのお便りをお届けするものです。ぜひ、時々お立ち寄りください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡定例会を行いました

昨日6/4(日)に福岡定例会が開催されましたのでご報告致します。

今回は12組(大人:14名、子ども:6名、療育関係者2名)にご参加頂き、半数以上はABA歴1年未満と比較的新鮮な会となりました。
以下、詳細です。

【個別指導(3組)】

1組目:音声指示の「立って、座って」が上手く通らない
⇒立った後、座ってしまう前に別の指示をいくつか立て続けに出す
⇒すぐに座らないようにイスを横にずらす
⇒自分で座ってしまう前に「座って」と指示を出す など

2組目:音声指示の「お腹ポンポン」と「頭ポンポン」が混同してしまう
⇒「おつむてんてん」など違う言葉での指示を出す
⇒机で遊んでしまう場合は机を取り払う
⇒音声模倣に関して、発語がない場合は泣き声でも強化 など

3組目:形容詞「たくさん、少し」が上手く通らない
⇒指示内容によって声色を変える
⇒教材に触る癖がある場合は触らせないようにするなど

参加人数の関係上、多少時間に余裕があった為、個別指導の時間をいつもより長めに取って頂きました。
この後行われた【般化訓練】では4組が2グループに分かれてそれぞれ般化を行いました。


【集団プログラム】

・動作模倣:片足上げ、飛行機など
・手遊び歌:ひげじいさん、パンダうさぎこあらなど
・トンネルをくぐって藤坂さんのタンバリンをたたく
・音声指示:「バナナとって来て」など
・お返事して藤坂さんのタンバリンをたたく

タンバリンをたたく場面などは、子どもたちにわかりやすいよう何名かの方に動作の見本をして頂きました。ご協力ありがとうございます。


【講義:『ESDM(アーリースタートデンバーモデル)』】

ABAと発達論的アプローチを融合させ、近年その有効性が示されるようになってきた療育法として、今回も大変興味深い内容でした。
ESDMの基本的な特徴として、
①主に関わり遊びを通じて教える
②遊びの中で集中的に学びの機会を設ける
③罰や消去は用いず強化のみ行う
というものでした。
原理はABAと似ていますが、遊びや食事の中で目合わせやジェスチャーを引き出すことができる方法として私自身日常の中で取り入れてみたいと思いました。

その他、【質疑応答】の時間でも多くの方が熱心に藤坂さんに質問をしている姿が印象的でした。


次回の定例会は10/1(日)となりますので、今回参加された方も参加できなかった方も奮ってご参加頂ければと存じます。
スポンサーサイト

≪ 6/18東京定例会報告ホーム3/26 新潟定例会のご報告 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

つみき通信

Author:つみき通信
NPO法人つみきの会は自閉症、広汎性発達障害という障害をもった子どもたちに、ABA早期家庭集中療育(ABAホームセラピー)を施す親とそれを支援する療育関係者の集まりです。
ABA療育に関心のある方なら、どなたでも参加頂けます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。