FC2ブログ

つみき通信

このブログは、つみきの会の各支部リーダーを始め、理事、事務局スタッフなど、つみきの会の活動を支えるスタッフたちからのお便りをお届けするものです。ぜひ、時々お立ち寄りください。

神戸定例会の報告(2019/02/24)


2月24日に行いました神戸定例会の報告を致します。

藤坂代表、浅間ペンギン様、つみきの会事務局の皆様、
定例会スタッフの皆様、NOTIAのセラピストの方々、ボランティアの皆様、
そしてご参加頂いた皆様ありがとうございました。

20組のご家族が参加されました。

■個別指導
3組が受けられました。
[1組目]
左右の概念の獲得をされていました。
動作模倣で、上、前、横、下を確認した上で、お子さんの前で、左手
を出すタイミングで「みぎ!」右手を出すタイミングで「ひだーり」
と指示を出してプロンプト。
右と左で言い方を変えて違いを分かりやすくし、途中から手の動作模倣
を減らして音声指示だけで右、左の手を出せるようにフェードアウト
されていました。

[2組目]
お箸の使い方をされていました。
まず鉛筆持ちができるかどうかがあり、次にお箸とのことですが、
鉛筆とは違うところは、二本目の下の箸を支え、動かすところ。
薬指で支えるのをお子さんに右手の隣で横で寄り添ってプロンプト
がポイントと、アドバイスがありました。

[3組目]
動作模倣で、グー、パー、親指だけ出す、人差し指だけ出す、親指と
人差し指を出す、をされていました。
指示や注意喚起を何度も出さず、お子様が集中したときを見計らって
出す、グーの次は必ずパー、という繰り返しをするとお子様が指示で
はなく、パターンで正解してしまうことになるため、グーとパーの間
ぐらいの指の形をして次の指示が読まれることのないように、という
アドバイスがありました。

■講義
「ZIHEIっ子の育児とABA領域」
〜我が子との10年の歩みを振り返って〜

浅間ペンギンさんより講義をしていただきました。

就学猶予、スクールシャドーについて、
問題行動の対処法(ABC分析、 トークンエコノミーシステム、
バックワードチェイニング、 先行条件操作)、就学前準備について

就学前の準備、就学後の課題の乗り越え方など、分析しつつ実践された
貴重な取り組み、そして、我が子を慈しむ中でABAを用いた療育者として
のマインドセットをお話頂き、ためになり、かつ勇気づけられる内容で
した!


次回は、2019年6月16日 の開催を予定しています。

神戸定例会スタッフ 尾藤
スポンサーサイト



≪ あきらめなくてよかったホーム2019年1月12日東京定例会開催報告 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

つみき通信

Author:つみき通信
NPO法人つみきの会は自閉症、広汎性発達障害という障害をもった子どもたちに、ABA早期家庭集中療育(ABAホームセラピー)を施す親とそれを支援する療育関係者の集まりです。
ABA療育に関心のある方なら、どなたでも参加頂けます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR