FC2ブログ

つみき通信

このブログは、つみきの会の各支部リーダーを始め、理事、事務局スタッフなど、つみきの会の活動を支えるスタッフたちからのお便りをお届けするものです。ぜひ、時々お立ち寄りください。

神戸定例会のご報告

11月10日に行いました神戸定例会の報告を致します。

藤坂代表、つみきの会事務局の皆様、定例会スタッフの皆様、
NOTIAのセラピストの方々、ボランティアの皆様、
そしてご参加頂いた皆様ありがとうございました。


なお、次回は、2020/3/29(日)、NOTIAスーパーバイザーの松井さん
をゲストに招いて開催予定です!


22組 大人37名,子供16名のご家族及び療育関係者の方が参加されました。

■個別指導
3組が受けられました。
[1組目]
なわとびの練習をされていました。
まずは、子供さんにジャンプだけ音声指示して、ジャンプした瞬間に
大人が縄をくぐらせ、飛べたら褒めて強化します。
縄を小波にして飛ばせる遊び方もありますが、ジャンプが斜め飛び
になりがちなのでやめておいた方が良いとのこと。
またジャンプがタイミング良く大きくなるように大人と向かい合っ
て手を掴んでジャンプの練習です。
次はリレーで使うバトンの先に縄をくくりつけて子供さんに持たせ、
子供はバトンを持ったまま動かさず大人が縄を回します。
(図 : 等幅フォントでご参照ください)
___—-___
| |
大↑ | 小 |
-— —— ←バトン
人↓ 供

この練習で縄が回ってくるタイミングでジャンプの練習です。
タイミング的には縄が上の時に子供にジャンプの指示をするのが
よいとのアドバイスがありました。


[2組目]
「勝ち負け」を教えられていました。
テーブルの上におやつをおいて、親子両方テーブルの上に手を置き、
声をかけて早く取った方が勝ち、というルールです。
・おやつを取るゲームですが、これをつみきに変えて、
”勝ったらおやつがもらえる”
というルールにして勝負の概念の抽象化をした方が良い。
・「負け」も教える。
・取ったらすばやく「誰の勝ち?」と聞いて
「ママ」または「(お子さんの名前)」
を言わせる。
と代表よりアドバイスがありました。

[3組目]
単音の音声模倣をされていました。
・おやつを見せて目がそちらに向いたときに親が単音を発し、口の
形を見せて模倣させる。
・モチベーションの高い強化子を選んでやる。
と代表よりアドバイスがありました。

■般化訓練
11組のご家族が実施されました。

■集団プログラム
手遊び歌、みんなで歩いて笛の合図でストップ、などをやりました。

■講義「会話の育て方」
藤坂代表より講義と実践動作を含めてご説明頂きました。
例えば「これ何?」の質問の自発を促す、です。子供が名前を知って
いる物と知らない物を混ぜてテーブルの上に横に並べて置いて、
「きりん」、「ぞう」、「パンダ」、【これ何?】、「うさぎ」
と順に物の名前を言わせる中で【これ何?】を言うようにプロンプト
するのが良い。子供が知らない物の名前はすぐに答えるのではなく、
【これ何?】を何度か練習してそろそろ他の知らないものに変えるか、
これ何?が上手く言えるようになってから答えることでこの練習を
長続きさせる工夫とする。
子供の知らない物は、途中(3つ目か4つ目)に置くのが良い、なぜ
なら最初”物の名前を答える”という流れを作り、途中で”知らない物”
が出てきたら子供の中で”何て言おう?”と考えるので、それの疑問
について【これ何?】を発することを教える目的があるから、
といったご説明がありました。

■質疑応答
参加者の質問に代表よりご回答・アドバイスを頂きました。
スポンサーサイト



≪ 11月17日 広島定例会 開催のご報告ホーム新潟定例会のご報告 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

つみき通信

Author:つみき通信
NPO法人つみきの会は自閉症、広汎性発達障害という障害をもった子どもたちに、ABA早期家庭集中療育(ABAホームセラピー)を施す親とそれを支援する療育関係者の集まりです。
ABA療育に関心のある方なら、どなたでも参加頂けます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR