FC2ブログ

つみき通信

このブログは、つみきの会の各支部リーダーを始め、理事、事務局スタッフなど、つみきの会の活動を支えるスタッフたちからのお便りをお届けするものです。ぜひ、時々お立ち寄りください。

~ABAとの出会い~ PART1

はじめまして(^∇^)ノ

 ゆいなパパ と申します。
うちには6才と4才のがいまして もちろん 二人とも自閉っこです。

「ABAってなんやねん??」
「療育??・・・ん~・・・さっぱり分からん・・・」

という頭しかなかったパパ(←私)が
なぜかABAを始め  なぜか成果が出た ので。。。
その日々についてセキララに書いていこうと思います。
ちょいちょい更新するんで 暇があれば覗いてください(*´∀`人 ♪
ちなみに 拍手 を クリック されたら すごく強化されます(*≧∪≦)

というわけで まずは

   ~ABAとの出会い~ PART1

ゆいな(長女)が 自閉症スペクトラムと診断されたのは 2才10ヵ月の頃
しかも おまけつきΣ(ω |||)
学習障害 ADHD という病名まで...
地元では有名な小児精神科からの診断でした。

まぁ 通りで
 呼んでも来ないし・・・自己中だし・・・
 パパとママさえ覚えられない・・・
 スイミングスクールでは 泳がず プールに物を投げ込むばかり( ノД`)
 (お!ビート板投げるの上手くなってるやん!フリスビーみたい!って…おいおい…ちゃんと泳げ。)
といった感じでした。

今でこそ こんなふうに書けますが このときは もうショックで...ショックで...寝込みそうでした。
(寝込んだことないやん!!←たった今、妻に盗み見され 突っ込みが入りました(T_T)

しかし 諦めの悪いパパはいろいろ調べました。
ふつう 調べれば調べるほど 良いことが見つかって 安心していく と思いきや (ノ_<)
自閉については 知れば知るほど 不安はふくらむばかり...
結局 ど~すりゃいいんだ...となってしまい
とりあえず 担当医から勧められた 月2回のOT(作業療法)から始めるようになりました。

OTの先生は 優しくて感じのイイ先生 なのですが(べっぴんだし)
月2回これを受けるだけじゃ~ 治るわけないな...(´・_・`)
と思った私は、手あたりしだい病院を探すことにしました。

そして それが なんとイキナリ大当たり!! 
たまたま 行った近くの病院に ABAセラピストさん(←私の恩師です)が居られ たまたま 代表(←恩師の恩師だから神です)のコンサル予約を取ることができたんです。
このとき 私は まだABAの存在すら知りませんでしたが。

コンサル当日 3才2ヵ月になった ゆいなちゃん 病院のなかをニコニコしながら歩きます♪(´ω`人)
はい こちらで~す と言われて入った さっぷうけいな部屋。そこには 子ども用の机と椅子があるだけ。
何するんかなぁ?? と 思いつつ 代表とのお話は進んでいきました。
子どもの状態を伝え、それを聞いてもらう、とここまでは どこの病院も一緒、と思っていた矢先...

ABAセラピーが始まり 時間がたつにつれ
えー うっそー ((((;゚Д゚)))))))
これマジック?  うちの子が。。。 有り得ん。。。

と信じられない光景が目に飛び込んできました。

このつづきは 次回 PART2 で
 
 
スポンサーサイト



≪ ~ABAとの出会い~ PART2ホーム「何も教えてはいけない」 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

つみき通信

Author:つみき通信
NPO法人つみきの会は自閉症、広汎性発達障害という障害をもった子どもたちに、ABA早期家庭集中療育(ABAホームセラピー)を施す親とそれを支援する療育関係者の集まりです。
ABA療育に関心のある方なら、どなたでも参加頂けます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR