FC2ブログ

つみき通信

このブログは、つみきの会の各支部リーダーを始め、理事、事務局スタッフなど、つみきの会の活動を支えるスタッフたちからのお便りをお届けするものです。ぜひ、時々お立ち寄りください。

パパのホームセラピー

こんばんは ゆいなパパです

夏ですね~ イヤ~ 暑い!! マスクしてると余計に...
今年は コロナで気乗りせず まだ3回しか 海や川へ行っておらず...
プールは 閉まってるし(*´Д`) 
も~ ストレス溜まりまくり!! パパがw
水が大好きで 泳がないと死ぬ~ って人なんですわ。
(多分、前世が魚なんです)
でも パパのエゴで 泳ぎを教えた娘たち 少~しずつ 成長してます。

さて それでは コロナ夏を忘れ 3年前にタイムスリップといきましょう。 

パパが ホームセラピーを始めたのは ゆいなちゃんが3才の秋。
2語文はほぼ出ず 発語は名詞が10~20(滑舌は良くない)
パパとママが理解できない オウム返しが多い
指示が通らない 色が分からない 呼んでも来ない
人の多い場所が怖い クルクル回る おもちゃの使い方が不適
白い物しか好んで食べない という状況でした。 
 
で 何からしたの? というと 当時 ABAの原理なんか ちんぷんかんぷんだったパパは とりあえず 形(見た目)から入ることにしました。 まずは ホームセンターへ直行!! そして みなさま お馴染みの 机と椅子を買って 通販で つみき を注文しました。 あとは ラミネーター とか 百均で動物や果物の模型を買ったかな?? つみきブックは まだこのとき 持っていませんでした。 
という感じで それなりに 教材を揃え ホームセラピーを始めました。

①椅子への誘導 と 癇癪への対応
パパが 「座って~」 と言っても ぜ~んぜん座りません。 何度言っても...キャッキャ 言いながら走り回る ゆいなちゃん... だんだんムカついてきたパパは どうしていいか分からず ダメと思いながらも 怒っちゃいました( `ー´)ノ となると ギャン泣きする ゆいなちゃん...「ったく どうしよう」 と悩むパパ。 うるさくって ついつい お菓子をあげて 泣き止ませてしまいました。 そして ここぞとばかりに 「座って~」 と指示を出すのですが まったく座りません。 それどころか お菓子欲しさに 癇癪が はじまってしまいました。 泣き...叫び...机や椅子を蹴飛ばし...どうしようもありませんでした。 そこで 思い出したのが 自分の前に座らせ つみきをお椀へ入れた後 解放する という方法でした。 さっそく 暴れまわる娘を ひっ捕まえて 座らせました。 逃げようと抵抗する力は 3才児とは思えないパワーで おまけに唾を吐くわ 鼻水をわざと出すわで べっちゃべちゃのぐっちょぐちょ になりました(;´Д`) もちろん 最初の 「入れて~」 で 入れてくれる訳もなく 無理矢理入れさせました。 娘の手を持って つみきを掴ませ 「入れて~」で つみきをお椀へ入れ 解放する 簡単なことです。 でも これが けっこう苦労しました。ちょっと気を抜くと ポ~イっと つみきを投げ お椀をバシ~ン! っと はたくので... とは言え どうにか こうにか つみきをお椀へ入れさせ 解放を繰り返しました。 解放というのは 強制的に座らせていた娘に 「はい、遊んできていいよ~」 という感じで だいたい15秒くらい 自由にさせていました。 最初のうちは 解放しても その場で立ったまま 泣いていましたが。 しかし これを繰り返すこと15分で 娘に変化が現れたんです!!

次回へ続く 
 

 


 
 
スポンサーサイト



≪ パパのホームセラピーホーム家でパパがセラピー??(゚△゚;ノ)ノ ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

つみき通信

Author:つみき通信
NPO法人つみきの会は自閉症、広汎性発達障害という障害をもった子どもたちに、ABA早期家庭集中療育(ABAホームセラピー)を施す親とそれを支援する療育関係者の集まりです。
ABA療育に関心のある方なら、どなたでも参加頂けます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR