FC2ブログ

つみき通信

このブログは、つみきの会の各支部リーダーを始め、理事、事務局スタッフなど、つみきの会の活動を支えるスタッフたちからのお便りをお届けするものです。ぜひ、時々お立ち寄りください。

カリフォルニア州のABAの現状

つみきの会は、11月3日にABA公費化を目指す親の会と共催で、「歩こう話そうよこはま2020」をオンライン開催しました。

その際、ロスアンジェルスに拠点を置く親の会JSPACCの日本支部代表でいらっしゃる吉山るり子さんに、カリフォルニア州のABAの現状について、貴重なお話を伺うことができました。

その後、吉山さんに内容確認したうえで、この場で情報をシェアさせていただくことに了解を得ましたので、ポイントを箇条書きでご紹介させていただきます。

<カリフォルニア州のABAの現状について>

・スーパーバイザーはBCBAのライセンスを持たなくてはならない。

・セラピストはRBT(Registered Behavior Technician)の資格が必要。

・大人でもABAのサービスを受けられる。

・セラピーの時間の出し惜しみをしない。1週間に35時間のサービスを貰っている子たちも普通にいる。ただしあまり成果が出ない場合は、1、2年で打ち切りになることもある。

・テレヘルスZOOMを通してのサービスをインシュランス(民間医療保険)会社とリージョナルセンターが認めた。2020年3月からスタートした。

・セラピストがエッセンシャルワーカーとして医者と同じく生活に必要な専門家として、ロックダウン後の家庭に勤務できるようになった。

・インシュランス会社がペアレントトレーニングの時間を上限なしで増やした。

・インシュランス会社がABAセラピストにオンライン授業でアカデミックなことのサポートをして良いと認めた。医療上の理由として先生のサポートをすることができるようになった。


以上です。特に現在でも週35時間のサービスをもらっている子どもたちがたくさんいる、という情報は、私たちにとって大変励みになりました。

また、吉山さんのお子さんが3才当時(2000年)、州から提供されたサービスについても改めて詳しく教えてくださいました。

※息子さんが3歳時に、学校区とリージョナルセンターから認められたサービスについて

・学校区から(academicに関するサービスを提供)

・自閉症児のためのプリスクール (週5日)8時から13時まで

・送迎バス

個別プランとして

・スピーチセラピー週2回30分ずつ(1:1)

・オキュペーショナルセラピー週2回50分ずつ(1:1)

  1回はプリスクール内にてファインモータ(微細動作)スキルの訓練

  1回はオキュペーショナルセンターに行ってグロスモーター(粗大動作)スキルの訓練

    センソリーインテグレーション(感覚統合)の訓練。

・DTT

  プリスクール終了後、毎日2時間セラピストが自宅にてセラピー。週10時間。



リージョナルセンターから (障がい者と家族が必要とする生活面に関してのサービスを提供。)

・リスピットケアー (親を休ませるためのサービス)月36時間

・ベヘイバーセラピー(行動療法) 自宅にて 週2回 2時間

・ミュージックセラピー 自宅にて 週1回 2時間


以上です。吉山さん、ありがとうございました。

藤坂龍司
スポンサーサイト



ホームパパのホームセラピー ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

つみき通信

Author:つみき通信
NPO法人つみきの会は自閉症、広汎性発達障害という障害をもった子どもたちに、ABA早期家庭集中療育(ABAホームセラピー)を施す親とそれを支援する療育関係者の集まりです。
ABA療育に関心のある方なら、どなたでも参加頂けます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR