FC2ブログ

つみき通信

このブログは、つみきの会の各支部リーダーを始め、理事、事務局スタッフなど、つみきの会の活動を支えるスタッフたちからのお便りをお届けするものです。ぜひ、時々お立ち寄りください。

パパのホームセラピー

こんばんは ゆいなパパです。

しばらく間があいてしまって すみません。○| ̄|_
ブログ 再開します!

気が付けば もう春🌸 卒業 卒園のシーズンですね~
ゆいなちゃんも 3月27日 卒園式です。

卒園までに やり残したこと 眠らせたままの課題 た~くさんありますが… ま 本人 楽しそうに毎日過ごしているんで ヨシ!としていますw(*´v`)
 「あれも!これも!できるように頑張らなきゃ!!」と ABAを始めた頃は必死だったんですが でも できること できないこと 誰にでもあるし 個人差があって当然 時期が来れば できるようになっていることも 沢山ありました(教えなくても 勝手にどっかで 言葉をおぼえてきたりとか。キタナイ言葉もおぼえてきちゃいましたが💦) 。

そして 今だから言える ゆいなパパの教訓は👇の3つ

①「まず最初に 学習姿勢を家で整え それを習慣付けること」
毎日の積み重ねです!継続は力!僕らも同じです。学生時代を思い出せば 一夜漬けでテスト勉強してる人が 毎日予習復習してる人に テストで勝てる訳がない ということです。

②「好ましいことは絶対に褒める 好ましくないことは得をさせない」
これはセラピーだけのことではなくって 日常生活でも心がけておきたいことです。良くない例として ありがちなのが 1⃣褒めて育てりゃいいんだ!と思って なんでもかんでも 褒めてしまったり 2⃣考えなしに怒って 得させてしまう(得させていることに気付かない)パターン。それと 3⃣周りに人がいて子どもの癇癪に負けてしまうことが多いと思います。ひとつ2⃣の例をあげてみます。イタズラ好きな男子生徒 と 若い女の先生がいるとしましょう。男子生徒は 先生が教室に入る前 黒板消しを教室のドアに仕掛けちゃいました。そんなこと知る由もない先生が ドアを開け 当然チョークの粉をかぶってしまいΣ(ω |||) 「コラー!誰だー!こんな事したのは(*`^´)=3」と怒ってしまいました(普通こうなりますわなw)。それを見た 男子生徒は大笑い。というお話です。そうそう!皆さんお判りの通り 怒ったことが ご褒美(強化)になってますよね。イタズラ超楽し~(´ω`人) もっとヤりた~い♬ って...じゃあ こんなとき どうするの? もちろん!ノーリアクション! 生徒に「つまんね~」と思わせりゃ 先生の勝ち!!ですから。今この子にとって 何が得?何が得じゃない? これを常に考えれば 自ずと答えが出るはず…です…多分w

③「親がイライラして来たらセラピーは中断する」
ホームセラピーしてる人なら 怒ってしまうことって 誰でもあることですよね。何度教えてもできない 何日経ってもできない こうなって来ると ストレスが溜まって 段々腹も立ってくる でも やならきゃいけない... じゃ どうすりゃいいんだ?ってことで ゆいなパパが出した答えは 中断です。「もう今日は や~めた(´・_・`)」これだけ。怒ったままセラピーを続行しても 強化が(褒めることが)できないので 効果が出ません。それより 怖いのは できないと怒ってしまう この連鎖です。セラピーに限らず 単に子どもに勉強を教えるときも同じです。例をあげると 教える → できない → 丁寧に教える → できない → 何度も教える → できない → 怒鳴ってしまう → 半泣き → 怒りながら教える → 怒られることで頭がいっぱい → もっと怒る → 大泣き → 泣き止まそうと怒る → もっと大泣き → 最終手をあげる... こういう事態は回避したいのです。真面目で 熱心な人ほど この連鎖に陥ってしまう…かもしれません。 

と まぁ こんなことを偉そうに 言ってしまう人間になり パパの方が ゆいなちゃんに育てられちゃいました。笑 

次回へ つづく


  


スポンサーサイト



ホーム今までありがとうございました ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

つみき通信

Author:つみき通信
NPO法人つみきの会は自閉症、広汎性発達障害という障害をもった子どもたちに、ABA早期家庭集中療育(ABAホームセラピー)を施す親とそれを支援する療育関係者の集まりです。
ABA療育に関心のある方なら、どなたでも参加頂けます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR