FC2ブログ

つみき通信

このブログは、つみきの会の各支部リーダーを始め、理事、事務局スタッフなど、つみきの会の活動を支えるスタッフたちからのお便りをお届けするものです。ぜひ、時々お立ち寄りください。

名古屋療育ライフ その9 信頼関係を築く

母子だけのセラピーとなって4ヶ月後、事務局から、新人セラピストさんが入られた、と連絡が届いた。
うれしい反面、このコンプライアンス(勉強に向かう態度)の悪さで、またセラピストさんに反抗して困らせては申し訳ない、、。ともかく現状をお伝えしてみた。
新人セラピストさんには、スーパーバイザーという(NOTIAのHPをご参照下さい)経験のあるセラピストさんが初回ついてきて下さることになっていて、対策を考えてきていただいた。

・訪問セラピー開始2回目くらいまでは、「一緒に遊ぼう」と言って遊びから始め、最後に1つ2つ簡単な課題を
 成功させて終わる。
・3回目からは、遊びの時間を減らし、「座って」と促すが、親はセラピストさんの座る位置の少し後ろに座り、 手を出さない。セラピストさんが連れに行って、座らせる。ただし部屋から出ることは、親が阻止する。
・座ったらすぐほめて、ごぼうびをあげ、すでにできている課題をやって、解放する。
・ごほうびのおもちゃをいろいろ持ってきていただき、気に入るものを探るとともに、気に入ったものは家では買わない、使わない。セラピストさんとのセラピー専用とする。

「この先生は一緒に遊んでくれるんだ」と思うことが、子供にとっては良い他人の大人→信頼する、という事なのだろう。遊べる時は、必ず遊んでくれるという安心感を持つと、~先生が言う事は、多少嫌いなことでもやって、ほめてくれるからまたうれしくなって、次もやる。
できないと思う新しいことも、先生が助けてくれるから、やってみようかという気になる。
他人であるセラピストさんとのセラピーを続けていくには、まずは信頼関係を築くことから始まるのだと思う。

うちの子のように先生役をやりたがる場合は、主導権は常に大人にある、というけじめを、最初につけておかなければならない。「お勉強に来てくれる、~先生だよ」と紹介して、各セラピーの始まりと終わりには、「お願いします」「ありがとうございました」のあいさつをする。
これは母とのセラピーでもいつも行なっている。忘れそうになると、「お勉強の間は、ママは先生だからね」と注意する。

対策のおかげで、セラピストさんとのセラピーを何とか受け入れるようになり、少しずつ新しい課題も進められるようになった。
しかし次の難関、中級の壁にぶつかるのである。

スポンサーサイト



≪ 福岡定例会がありましたホーム冬が始まりました ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

つみき通信

Author:つみき通信
NPO法人つみきの会は自閉症、広汎性発達障害という障害をもった子どもたちに、ABA早期家庭集中療育(ABAホームセラピー)を施す親とそれを支援する療育関係者の集まりです。
ABA療育に関心のある方なら、どなたでも参加頂けます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR