つみき通信

このブログは、つみきの会の各支部リーダーを始め、理事、事務局スタッフなど、つみきの会の活動を支えるスタッフたちからのお便りをお届けするものです。ぜひ、時々お立ち寄りください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋療育ライフ その11 自閉症児の子育て雑談

自閉症の子は、一人一人違う。だから個別に療育プログラムを立てる必要がある。こういう言葉をよく聞きます。

なぜ、違うのでしょうか?
自閉症の診断基準にある、社会性の問題、コミニュケーションの問題、想像力の問題、の現われ方・割合が、その子によって違うという以外に、自閉症の子にも、本来の性格があるからではないか、と思っています。
医師に、「どこまでが性格で、どこから自閉症なのかわかりません」と質問した事があります。
「混ざり合っているんでしょうね」というお答えでした。

プライドが高くて、新しい、わからない課題はやりたがらない。
という性格が、デスクでのセラピーで問題でした。
どこからわかっていないのかを把握し、わかる方法を考えて当たりが出るまでやってみる。
最初は少しで終わりにし、でき始めてもいきなり量は増やさない。
できない間は、苦手な課題に取り組めたことをほめる。
自分にとってその課題が簡単になると、バカにしてふざけ出すので、
常に実力を測り、実力より少し上の課題を選ぶ。
できるようになって自信がつくと、自分からやるようになって、
自信そのものが強化子になっているのだと気づきました。
SVさんから、「わからない、と思った瞬間に思考をシャットダウンしてしまう。
常に予習に努めて、自信を失わせないようにするとよい。」と教えていただきました。


人の事を気にする、度を超すとお節介。というのは、性格にこだわりが加わっていて、社会性の面で問題になります。
親が介入できる時は、黙っている、こう言う、とその場や、前の晩、家を出る直前に教え、
園では担任の先生に対応を伝えて、統一した対応を取っていただくようにして来ました。


男の子、女の子というのも、本来の思考回路の違いというのでしょうか、
男の子は視覚で入る所が多い。
小学校になると男の子はゲーム、女の子はおしゃべりで、
また、母には男の子は異性で、理解しにくい、というので、
男の子の子育て論、のような本が何種類も売られていますね。
性格とか、性別による違いについては、健常の子育て論、周囲のお手本になるお母さんのやり方を参考にしていいのかな、それは親の社会性のトレーニングになるのかなと思っています。


スポンサーサイト

≪ 大阪定例会ホーム2/10 2012年度第4回東京定例会報告 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

つみき通信

Author:つみき通信
NPO法人つみきの会は自閉症、広汎性発達障害という障害をもった子どもたちに、ABA早期家庭集中療育(ABAホームセラピー)を施す親とそれを支援する療育関係者の集まりです。
ABA療育に関心のある方なら、どなたでも参加頂けます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。