つみき通信

このブログは、つみきの会の各支部リーダーを始め、理事、事務局スタッフなど、つみきの会の活動を支えるスタッフたちからのお便りをお届けするものです。ぜひ、時々お立ち寄りください。

3月24日 新潟定例会がありました。

ご無沙汰しております、新潟支部の松井です。
先日、3月24日に新潟定例会がありました。

春も近付く暖かい陽気の中、お集まりいただいたのは11家族21名。
療育関係の方の参加も3名ありました。

個別指導は以下の通りです。

①3才男の子 課題:共同注視  
男の子の回りに5つのコップを置き、母親の視線がどのコップを見ているのか当て
る。
②5才男の子 課題:上級会話
相槌と情報交換が混ざってしまって会話がうまくいかない。
単純なルールを決めて、会話のネタを用意しておくこと。
相槌で返してほしいのに違う返し方をした場合、何回かしつこく言い、相槌が返って
きたら強化する。

③4才男の子 課題:男女の弁別
お兄さん、お姉さんの弁別でいつも同じ人を間違える。
始めは典型的な写真数枚でマッチングして、それから新しい人の写真1枚を導入して
弁別する。
始めの写真は土台にしてこのように繰り返し、類似性をみつけていくといいそうで
す。

④5才男の子 課題:音読
音読の途中で絵ばかりを見て集中しない。いつも同じ所が読めなくなる。
しばらくは絵と文を別にして読ませる。
絵を見ないと質問できないもの、文だけで質問できるものを分けて聞いて、内容を理
解しているか確認した方がいい。
いつも間違う文はそこだけを取り上げて、指を叩きながら読ませる。

⑤5才男の子 課題:縄跳び
始めは大縄跳びで一回まわしてジャンプする。
「ジャンプ」と言いながら跳ばせていると、その言葉に反応しているだけになってし
まうので、縄に反応させること。「ジャンプ」→「はい」等と言葉を変えていき縄に反応させる。
1回に何度も跳ばすと嫌になってしまうので気をつけること。

藤坂代表の講義は、「機械利用型セラピー」でした。
機械利用型セラピーの内容に関しては他の支部の定例会報告ブログでも書いてあるので割愛します。

講義の後はデモがありました。
デモではプラレール、車、すごろくを使って3人のお子さんがされました。
すごろくでは止まったマスに応じてカードに書いてある指示を実行するというSSすごろくでしたが、
代表の引きが強いのか、お子さんよりも代表がカードを引く回数が多かったのが皆さんの笑いを誘いました。
(代表曰く「僕のソーシャルスキルが上がった」とのこと)

次回の定例会は7月7日の予定です。
また近づきましたらこちらのブログでもお知らせします。
新規キャンバス
スポンサーサイト

≪ 公開講座「知的障害を伴う自閉症-その理解と支援-」ホーム札幌定例会のお知らせ ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

つみき通信

Author:つみき通信
NPO法人つみきの会は自閉症、広汎性発達障害という障害をもった子どもたちに、ABA早期家庭集中療育(ABAホームセラピー)を施す親とそれを支援する療育関係者の集まりです。
ABA療育に関心のある方なら、どなたでも参加頂けます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR