つみき通信

このブログは、つみきの会の各支部リーダーを始め、理事、事務局スタッフなど、つみきの会の活動を支えるスタッフたちからのお便りをお届けするものです。ぜひ、時々お立ち寄りください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別公開講座のご報告

東京にて6月16日に鳥取大学 臨床心理学講座 教授である井上先生を招いての公開講座を開催いたしました。

「小学校に入ってからの支援-親ができること-」
早期療育における一つの目標点でもあり節目ともなる内容の講座ということで、定員の140人はあっという間に埋まりました。

IMG_20130616_151501.jpg


義務教育と高等教育の進路とそれぞれの特徴の紹介がありました

入学する上で確認しておきたいポイントについて

★それぞれの地域(所轄教育委員会)によって入級・入学基準は異なるので事前のリサーチ・見学・体験が重要。
★市町村または県の予算の範囲で、加配の先生がつけられることもあるので必要と考えるならば確認も必要。
★普通級進学をしつつ通級指導教室を希望する人は近年増え続けており、その枠を入れるか確認が必要。
★通級指導教室が所属する学校ではない場合は、親が連れて行くか、移動支援が使えるのかも確認。
★特別支援学級には知的クラスと情緒クラスがあり見学してどちらが自分の子どもに合いそうか見極める。
★放課後の過ごしについての情報収集もしておいたほうが良い。

また支援学級→通常学級の移行も昔より楽になっているそうです。親子ともに特別支援学級にポジティブなイメージをあらかじめ持てるようにしておくのも大事というお話でした。


高等教育と進路選択

まだまだ先のお話だと考えていましたが、もしも高校に適応できなかった場合でも、高等学校卒上程度認定試験が年2回あり、マークシートでの回答なので文字を書くことを苦手とする人でも対応できるらしいです。
大学受験に関しても、近年障碍をもつ人に配慮のある受験方法(回答形式や別室受験など)が申請できる例もあるということ。この点に関しては、様々な困難を持っている人たちへの配慮など この先数年後にはまた進んでいくのではないかと明るい見通しが持てた参加者も多かったと思います。


ボトムアップとトップダウン

早期療育では基礎から積み上げていくボトムアップ型の指導をし苦手な部分を克服する方法をとっていたが、年齢が上がるにつれて徐々にトップダウン方式の指導に切り替えていくことも大事であるというお話。
人間なら誰にでも苦手な分野はある。苦手な部分にひたすら時間をさくだけでなく、得意な部分でその苦手を補い克服する方法もあるという話は大きくうなずけました。

就学は療育の一区切りではあるが、就学前にボトムアップを頑張り、その後小学校に入ってから燃え尽きてしまっては意味がない。
早期療育していた子供達は「実は小学校に入ってからが美味しい」
この言葉がとても印象的でした。

「人として子どもが豊かに暮らすために、自立していくためにどうしていくか」深く考えるきっかけとなりました。

井上先生の講義の後、つみきの会の藤坂代表から現在のつみきの会についてのお話があり、その後藤坂代表と井上先生のディスカッションタイムがありました。

IMG_20130616_161005.jpg

日本におけるABAの歴史の裏話が聞けて興味深かったです。

スポンサーサイト

≪ 7月7日 新潟定例会がありましたホーム広島定例会が行われました。 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

つみき通信

Author:つみき通信
NPO法人つみきの会は自閉症、広汎性発達障害という障害をもった子どもたちに、ABA早期家庭集中療育(ABAホームセラピー)を施す親とそれを支援する療育関係者の集まりです。
ABA療育に関心のある方なら、どなたでも参加頂けます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。