つみき通信

このブログは、つみきの会の各支部リーダーを始め、理事、事務局スタッフなど、つみきの会の活動を支えるスタッフたちからのお便りをお届けするものです。ぜひ、時々お立ち寄りください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごあいさつ

先日、アスペ・エルデの会の機関誌、「アスペ・ハート」から父親によるリレー連載の原稿を頼まれて、「わが子のセラピストになった父親」という題で自分の体験を書いたのですが、書いているうちにいろいろと思うことがありました。

私はこれまで、こういう場であまりえらそうなことを言う気がしなくて、会員向けにプライベートな裏ブログばかり書いてきたのですが、そろそろもっと外に向けて積極的にメッセージを発信していくべきではないかな、ということです。

というのも、つみきの会を発足させて今年で14年になりますが、ABAは以前よりかなり広まったとはいえ、まだまだ公的療育機関で市民権を得たとは言えない状態ですし、まして私が広めたいと思っている親による家庭でのABA、しかもロバースタイプのABAに関しては、さらに支持者が少ない状態だからです。

かといって、ABAに関して公に偉そうなことを言えるほど専門の研究を重ねたわけではなく、本や論文をいくつか読んだり、社会人入学の大学院で少し講義を聞いたりしただけなのですが、それでも私と同じ旗を掲げている人がほとんどいない以上、私が発言していかざるを得ないと思います。

というわけで、これからこの場を借りて、時々(本当に時々になると思いますが)、自分の考えていることやいろんな情報を発信していこうと思います。よろしくお願いします。

「綾ちゃんパパ」こと、藤坂龍司



スポンサーサイト

≪ 親がセラピストになるということホーム10月19日 広島定例会報告 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

つみき通信

Author:つみき通信
NPO法人つみきの会は自閉症、広汎性発達障害という障害をもった子どもたちに、ABA早期家庭集中療育(ABAホームセラピー)を施す親とそれを支援する療育関係者の集まりです。
ABA療育に関心のある方なら、どなたでも参加頂けます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。