つみき通信

このブログは、つみきの会の各支部リーダーを始め、理事、事務局スタッフなど、つみきの会の活動を支えるスタッフたちからのお便りをお届けするものです。ぜひ、時々お立ち寄りください。

1月11日繭合同定例会の報告

会員の皆様
埼玉定例会スタッフの鈴木です。

1月11日(日)繭合同第一回埼玉定例会が行われましたので報告させていただきます。

その前に、遠方よりお越しくださった藤坂代表、ご協力いただいたスタッフと託児ボランティアさん、
参加された皆様、ありがとうございました。

今回の参加は、会員のご家族26組含め約40名となりました。
個別指導は3組でした。

1組目は上下右左、前、後ろなどの方向が課題でした。

楽しくセラピーする、というところが印象的でした。

2組目は「なに色?」と聞いたらお子さんが「あお」「き(黄色)」と答える課題と音声模倣でした。

3組目は音声模倣でした。「まま」「めめ」「なな」など2音はとても上手に真似できていましたが、

「ね・の」は「ね・も」のようになってしまう、など苦手は発音もあるようでした。

表出的命名で発音が不明瞭でも強化いていると、だんだん言えるようになる、ということでした。



集団プログラム

初め順に並んで縄跳びをし飛び終わったらタンバリンにタッチするという

ことを1人づつ行いました。

次に共同注視を行いました。
ボランティアに手伝っていただき、ボランティアに果物の絵を持ってもらい

代表が指を差したら子ども達が指差した絵をタッチするというようなことを

行いました。

子ども達は楽しそうにこなしておりました。



講義は「DTTとPRT]というテーマでした。

PRTはDTTのように治療の効果をきちんと出していないが、

あくまでもDTTをベースとしたうえで、PRTの良い点は取り入れることがベストではないかとのことでした。

DTTをベースにする大きな理由は、試行数が多いので、学習量が確実に多いからということでした。



PRTの良い点としては、子どものモチベーションを高めるための工夫をしている点でした。

「PRTによるモチベーションを高めるなめのポイント」として取り入れることが出来そうなものとしては、

・一定の枠を決めたなかで、可能な限り子どもに選択を認める。

 例えば、宿題をさせるときに、順番や、やる部屋、使う鉛筆を選ばせるなど。

・新しい課題を教えるときに、習得済みの得意な課題も挟み込む。

・課題、教材、強化子に変化を持たせ、子どもを飽きさせない。

・課題に関係する強化子を用いる。

 例えば、箱を開けることを教えるなら、箱の中に好きなものを入れておく、など。

・正解でなくても、頑張った時は強化する。

 これは、特に音声模倣のセラピーで有効ということでした。



また「(代表が)考えてみたら自分でもやっていたPRT」として、いくつか挙げられていました。

・音声模倣のときに出来る音をいくつか言わせて、時々、新しい音を試す。

・難しい課題を教えるときは、まず復習課題で成功させてから、いい状態で。

・教材はカードより3Dフィギュアを使う。

・教材にお金をかける。いいものを使う。なければ手作りする。(例えば、ペンやクレヨンなら書き味の良いものを買う)

・強化子にお金をかける。

・トークンなど、マグネットを強化子にするとき、途中で色を変える。

・音声模倣のとき、下手でも強化。

など。



以上が報告となります。



次回の定例会は4月4日を予定しております。

約1ヶ月前に募集をかけたいと思うので宜しくお願いいたします。





埼玉支部スタッフ 鈴木
スポンサーサイト

≪ 広島定例会報告ホームPRTへの反論 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

つみき通信

Author:つみき通信
NPO法人つみきの会は自閉症、広汎性発達障害という障害をもった子どもたちに、ABA早期家庭集中療育(ABAホームセラピー)を施す親とそれを支援する療育関係者の集まりです。
ABA療育に関心のある方なら、どなたでも参加頂けます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR