FC2ブログ

つみき通信

このブログは、つみきの会の各支部リーダーを始め、理事、事務局スタッフなど、つみきの会の活動を支えるスタッフたちからのお便りをお届けするものです。ぜひ、時々お立ち寄りください。

3/11東京定例会報告

3月11日(日)に東京定例会を開催しました。
今回は43家族61名の参加でした。
今回も群馬や静岡といった遠方からもお越し頂きました。

「個別指導」(3組)
1組目:3歳の男の子
音声模倣を嫌がってしまったり、強化子を取り上げると怒ってしまう。
・1音はしっかり言えている音が多い。
・1音でしっかり言えていない音を2音でいう時は少し間隔をあけて言い、徐々に間隔を詰めていくとよい。その2音に意味があるかないかは関係ない。

2組目:2歳8か月の男の子。
音声指示と動作模倣。
・子音があまり出ていない。動作に子音を織り交ぜると良い。(ブブブなど)
・子音を出すには舌を使うか、唇を使うしかない。

3組目:3歳2ヶ月の男の子。
マッチング。3D2Dマッチングが難しい。
・2Dは実際の教材を写真に撮って実物大で印刷するべき。マッチングするときはニュートラルにやる。無意識にプロンプトしている時があるので注意する。
・強化子は飽きないように。

個別指導は文章で表現することは難しく、実際に見て代表の話を聞かないとよく分からないので体験をおススメします。

「集団プログラム」
今回もボランティアさんにお手伝いいただき、歌やダンス、トンネルくぐり、あれは何だ~ごっこもしました。
そのあと一人ずつ名前を呼ばれて、みんなが大きな声で返事できていました。

「Shizuさんの講演」
~発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉かけ~

Shizuさん自身、ダメな親でイライラして子供を叱りつける、という事をやってしまっていたそうです。
こうなると子供もママを困らせるダメな子、という自己否定をしてしまい、できるものもできなくなってしまいます。
そんなある時、叔父が遊びに来て子供と遊んでくれて、笑いが起きていた。
その様子を見て笑いの大切さに気が付いた。

幸せに暮らしていける、大丈夫!という自己暗示を大事にしています。
根拠のない自信ですが前向きに考えるようにしましょう。

口角をあげる事も大事。口角をあげると・・・
・マイナスの事を考えにくくなる。
・怒りにくくなる。
・その場の雰囲気をよくする。

子どもが間違えても間違えなくても子どもの事が好き、と伝える事。
子どもの前でディスってはダメ!
命令語や否定語はなるべく使わない。
指示待ち人間にならないように、ある時期になったら指示を控え、自分で気が付くように声かけを変えましょう。

自分らしく生きるコツは~~
①自分接待をする
②今ある幸せに気付く
③小さなことでも自分をほめる
④自分軸で生きる(~するべき、~であるべきに縛られない)
⑤不安、心配、自己否定、罪悪感 も否定せず、うまく付き合う

予期不安は起きるかどうかわからない事、考えても無駄。
でもそういう自分は認めてあげる、マイナスの気持ちも受け止めてあげる。

変わるのはまず自分!子供が見たいのは親の笑顔!
なんか知らんけど○○(子供の名前)は将来幸せに暮らしていける子、大丈夫!

というお話をいただきました。親自身が毒キノコになってマイナスオーラをふりまかない、根拠はなくても前向きに、変わるべきはまず自分、というお話が大変胸に響きました。お話を聞いてこれからの子供との接し方もよりよく変われそうな気がしてきました。
Shizuさん、本当にありがとうございました。

次回は7月ごろ開催予定です。
よろしくお願い致します。



自閉症治療を医療保険の対象とする動き、全米に広がる

近年、ABA(応用行動分析)を含む自閉症治療の費用を民間医療保険会社に負担させるよう義務付ける州法を制定する動きが全米に広がっています。

全米州立法府会議(NCST)のまとめでは、2017年6月現在、46の州(ワシントンDCを含む)でこのような法律が制定されているそうです。
http://www.ncsl.org/research/health/autism-and-insurance-coverage-state-laws.aspx

もっとも、全米一の自閉症啓発団体であるAutism Speaksによると45州となっています。これは言語療法、理学療法のみをカバーするテネシー州を計算に入れるか否かにかかっているのかもしれません。
https://www.autismspeaks.org/advocacy/insurance

医療保険でカバーされる治療としてABAが明記されている割合を調べたところ、テネシー州を入れた46州のうち、2州(テネシー、インディアナ)を除く44州が、ABAないし行動療法を保険給付対象として明記していました。ABAが単独で給付対象となっている例はほとんどなく、大部分は、薬物療法、精神医学・心理的ケア、ST、OTなどと併記されています。
(上記NCSTによるダイジェストで確認できなかった州は、Autism Speaks Adovocasy Newsで、さらに確認できない場合は直接州法の原文にあたりました)

もっとも明確にABAを排除しているのはテネシー州だけで、インディアナ州は法律では明示していないものの、州保健省は適切な治療としてABAを勧めているとのことです。(Indiana Resource Center for Autismのサイトによる)

また多くの州法が、特にABAに限定して、年間の給付額の上限を定めています。これはABAがほかの療法に比べてけた違いに高価だからでしょう。上限は年齢によって違いますが、だいたい年間25000ドル~50000ドルという例が多いです。

代表的な例として、コネチカット州法(2009年)(Conn. Gen. Stat. § 38a-514b)を紹介します。

この州法は州内のすべての集団加入医療保険に対して、自閉症スペクトラム障害の診断と治療を保険でカバーするように義務付けています。カバーされるべき治療は、行動療法、薬物療法、精神医学的サービス、心理学的サービス(サイコロジストによるコンサルティングなど)、理学療法、言語療法、作業療法、となっています。

また行動療法への給付額は、9歳未満で年間5万ドル、9歳以上13歳未満が3万5000ドル、13歳以上15歳未満が2万5000ドルとなっています。

藤坂





11/5新潟定例会のご報告

11月5日(日)に新潟定例会が開催されましたので、ご報告します。
今回は11組、大人と子ども合わせて25人の方に参加していただきました。

【個別指導】
1組目 指の模倣
←(お子さんが親の手の動きをよく見ていなかったため)音声指示は出さない、親は指を半開きにして次の動作が予測できない状態にしておくことで、手の動きに注意を向けさせる。

2組目 動作模倣(バイバイ)
←強化子は毎回変えず、気に入ったものを続けて出すと良い(興味が続くまで)。

3組目 動作の持続(手を上げる)
←動作によっては30秒くらいの持続を目指すものもあるが、手上げは疲れるので15秒くらいで良い。

4組目 時計の読み
←いつも「何時?何分?」と聞いているとそのパターンで覚えてしまう。時と分の違いに注意を向けられるよう「何時?」と「何分?」の質問をランダムローテーションで行うと良い。

5組目 動詞の表出
←新しい課題に取り掛かるときはできるだけハードルを低くすること。「トントンする」「フリフリする」まで言わせず、当面は「トントン」「フリフリ」で良しとする。

6組目 連続カードでお話を作る
←(お子さんが「一番~、二番~」と話していたが)より自然な話し方になるように「○○が~して、~して」という言い方が良い。

7組目 3人じゃんけん
←まずは、グーとパーなど組み合わせを固定する。それぞれの人数を変えて、何人になっても勝敗が変わらないことを理解させると良い。

【集団プログラム】
藤坂代表のご指導のもと、動作模倣、インタビュー、走って縄を飛び超えタンバリンにタッチする、等を行いました。

【講義「文字と文の理解」】
藤坂代表から以下のようなお話がありました。
○教える目安としては、数字の読みは年少~年中、ひらがなの読みは年中、カタカナの読みは年長、漢字の読みは小学校に入ってから。
○濁音や撥音は違いを強調して教える。
○漢字は難しいと思われがちだが、意外に覚えやすいので取り組んでみると良い。

家でセラピーしているとついつい自己流になってしまうのですが、今回も藤坂代表のお話をお聞きして初心に帰ることができ、また他の参加者の皆さんの様子に力をもらうことができました。

次回は3月4日(日)の予定です。沢山の方のご参加をお待ちしております。



【報告】平成29年度第2回神戸定例会(10/22)

各 位 

お世話になっております。
神戸定例会スタッフのYです。
本日、平成29年度第2回神戸定例会を開催させていただきました。
台風の接近に伴う悪天候の中ご出席いただいた藤坂代表、杉本美花様、
関係者の皆様には、心よりお礼申し上げます。
本日の実施内容について、下記のとおりご報告させていただきます。

                記

日 時 平成29年10月22日(日)13:20~16:10 (天気:雨)
場 所 兵庫勤労市民センター2階講習室
出席者 藤坂代表、杉本美花様、NOTIAセラピスト3名、ボランティア9名
    参加者(大人)45名(付添除く)、子供18名

    □参加者(大人)の内訳
  【関係別人数】
      保護者 44(34家族)、療育関係者 1
     【地域別人数】
      兵庫 21、大阪 13、京都 2、滋賀 1、岐阜 1
      岡山 3、香川 1、徳島 1、鹿児島 2
【ABA歴】
      1年未満 49%、1年以上2年未満 12%、2年以上3年未満 18%、3年以上 21%

今回の会は、台風接近のため、集団プログラムを中止にするなど当初の予定を30分短縮する
かたちで実施された。

1.個別指導
 〇1組目(3歳)「『~していい?』に答える」
 (指導内容) 
  代表は、まず、パチパチなどの音声指示ができること、「お名前は?」・「何歳?」・
 「これ何?」などの質問に答えられることを確認し、その次に音声模倣ができることも確
 認した。
 その後、「さわっていい?」など「~していい?」の質問をし、答える前に「いい(いや)」
 と言うプロンプトをするかたちでセラピーを行った。
  最後に、徹底的にこのような試行を繰り返して行うよう指導を行った。

 〇2組目(3歳)「色の命名(緑と黄緑の区別)」
 (指導内容)
  まず、緑+黄緑以外の3色、黄緑+緑以外の3色で色の受容ができていることを確認した。
 次に、緑・黄緑を含んだ4色で色の受容の課題を行った。緑と黄緑の区別ができていなかっ
 たので、指示を出して応える前に正解の色を触るかたちでプロンプトを行った。
 その後、得意な色を加えるのもいいということで緑・黄緑・赤で試行を行った。
 最後に、指示を出す順番を固定し、徐々にランダムに行うようにとの指導を行った。
  また、「オレンジ」を「オンレジ」と言ってしまうなどの相談に対しては、「オタ、オカ、・・・オラ
ンダ・・・」など似た音の組み合わせで模倣の練習をし、徐々に「オレンジ」と言えるようにもって
いくのがいいとのアドバイスを行った。  

2.講演会
 講師:杉本美花様
    「ABAに取り組む日々がわが子の人生をこう変えたー夢をつかんだ診断後9年目の報告」

 [講演内容]※本当に素晴らしい講演でした。簡単な報告で申し訳ございません。
 ・10歳の今、伝えたいこと
 ・ABAで大切にしてきたこと
 ・初期の療育で大事だったと思うこと
 ・あらゆる機会をとらえて数を学習すること
 ・2歳、3歳の頃のABAセラピーの様子について(プロジェクターで投影)
 ・遊びながら言葉を引き出す日々について
 ・就学に向けて大切なこと
 ・普通学級に入級するために必要なこと
  (名前が書けること、お手伝いは特に大切)
 ・就学前の小学校との面談のポイント
 ・就学時、障害を誰かにカミングアウトするかどうかについて
 ・就学後順調だった学校生活が暗転したこと、しかしながら、その後、困難に立ち向かい、
  ABAの実践等により乗り越えていく様子について
 ・教育機会確保法(2017年2月施行)について
   以下が参考になるかもしれません。 
   →(NHK解説委員室)http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/700/263477.html
     この法律には、「休んでもよい」と「学校以外の場の重要性を認めた」という2つのキ
     ーワードがあります。
 ・障害者差別解消法(2016年4月施行)について
   以下が参考になるかもしれません 
   →(内閣府)http://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/sabekai.html
     この法律では、国・都道府県・市町村等や会社等の事業者に合理的配慮の提供をするこ
     とが求められています。
 ・合理的配慮導入の注意事項、合理的配慮の実例について
 ・現在、お子様がプログラミングの分野で素晴らしい才能を発揮していることについて

3.その他
 次回の開催日は未定です。
 来年度以降の新スタッフにつきましては、引き続き、募集受付を行っております。
 ご協力よろしくお願い申し上げます。

岡山市 Y     

9/3 東京定例会報告

9月3日(日)に東京定例会を開催しました。
今回は30家族43名の参加でした。

「個別指導」(3組)
1組目:音声模倣が課題。6つくらいしか音が出せない。
・出ている音を利用して母音から作っていく。
・母音が出るようになったら舌を使って「タ行」を出せるようにする。
・さらにそこからサ行やナ行へ発展させる。

2組目:2組目も音声模倣が課題でしたがちょっと強化子のあげ方を間違えてかんしゃくを起こしてしまい、かんしゃくを起こした時の対処法、に課題が変わりました。
・子供を後ろから抱えて座らせる。(子供は床におろして直角に座らせる。)
・プロンプトしても聞かないのでお椀に物を入れる、程度の課題をこなす。
・落ち着いてきたら強化子をあげるようにする。
これを繰り返すことで親のペースで行う事ができる。決して子供のペースにあわせない。

3組目:対の概念を教えたい。
対の概念を教えるにはまずは大小から。
ただし、ランダムローテーションをしないと分かっていない可能性がある。
分かっているかどうかを確認するために小さい方から始めたり、同じ方を何度も聞いてみる、などをすることが大事。

「般化訓練」
4家族×3回=12家族が参加しました。
般化訓練に3回以上参加したことがある方が多く、セラピーに使っている物も独自に作ったり、工夫している所が見られ大変参考になりました。

「集団プログラム」
今回は歌とダンス、トンネルくぐりを行った後、新しくロープウェーを行いました。
子供たちはみんな楽しく参加していました。

「代表の講義」
今回のテーマは「身辺自立スキルの教え方」
身辺自立には「食事スキル」「衣服着脱スキル」「水回りスキル」がある。

教え方の基本はプロンプトと強化。
パンツは無地のものを2枚用意し、前と後ろを見分けさせる。
女の子の場合は、足を出すところの向きで判断できるように。

頭を洗う、ズボンを履くなど長い行動の場合は、チェイニング、特にバックチェイニングがおススメ。
まず、親が自分で実際にやってみて、公道をステップ分けすることが大事。
決して想像だけでステップ分けしないこと!(やってみてわかることがある)

バックチェイニングはステップ分けした後ろから教えていく方法。
一つのステップが出来たらすぐ次のステップへ進ませること。
ぶつ切りにしてしまってはダメ。
また、途中で強化してはいけない、最後のステップまで終わってから強化する。

最後にトイレトレーニングのやり方を教えていただき、終了となりました。

実際に定例会に参加して見聞きしないと分からないことがたくさんあります。
次回は平成30年1月21日(日)、川崎市生涯学習プラザで開催の予定です。
皆さまのご参加をお待ちしています。

≪ BackHomeNext ≫

プロフィール

つみき通信

Author:つみき通信
NPO法人つみきの会は自閉症、広汎性発達障害という障害をもった子どもたちに、ABA早期家庭集中療育(ABAホームセラピー)を施す親とそれを支援する療育関係者の集まりです。
ABA療育に関心のある方なら、どなたでも参加頂けます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR